会社を辞めたい スパッと辞めるための理由

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい場合にスパッと辞めるための理由について

 

会社を辞めたいのでスパッと辞める理由で後腐れなく退職したいと考える方も多いです。なかなか退職したいという希望を上司に切り出す際に理由が見つからなくて困っている方も多いはずです。

 

会社をスパッと辞めた人

会社を辞める場合、上司に口頭で伝えたり辞表に記載する理由は、「一身上の都合」で十分です。

 

正社員で勤務する方などでお世話になった会社を辞める場合には、退職理由が「一身上の理由」ではなにか物足りない気もしますが、理由を細かく書くと後からトラブルが発生した場合に会社を辞めた方に不利な証拠として利用される場合もあります。

 

解雇の場合と違ってそういった可能性は少ないとはいえ、ないとは限りません。こういったナーバスな事項に関することについては余計なことは書いたり言ったりしないほうがいいです。

 

法律上労働者が退職する場合には、その理由を正確に使用者に告げなくてはならないなどという規定は一切ありません。ちなみに解雇の場合、使用者は労働者から求められた場合に解雇の理由を記載した書面を労働者に交付しなくてはならいと労働基準法で決められています。

 

会社を辞める理由より大切なこと

 

大切な事

会社を辞める場合に円満退職などないといいます。会社を辞めると少なからず周囲に迷惑がかかるからです。また、会社を辞めるということは「この会社は嫌だよ」と言っているに他なりません。

 

会社に迷惑をかけることを承知の上で、それにも関わらず会社を辞めるのですから、辞める理由を選んで上司や同僚を納得させようとしても難しいと思います。

 

それよりも、一身上の都合を理由にして辞める代わりにやめるタイミングを適切に選択したり、引継ぎを完璧に行ったりして会社に迷惑をかけないことが重要だと思います。

 

雇用保険法上の退職の際の正当な理由

  1. 体力不足、心身障害、疾病、負傷、視力の減退、聴力の減退、触覚の減退など
  2. 妊娠、出産、育児
  3. 父または母の死亡、疾病、負傷により、その父または母の扶養を余儀なくされた場合など
  4. 配偶者または扶養すべき親族との別居生活の継続が困難になったこと
  5. 結婚による住所変更により、通勤が不可能または困難になったこと
  6. 育児に伴う保育所に利用のために、通勤が不可能または困難になったこと
  7. 事業所の移転の為に、通勤が不可能または困難になったこと
  8. 自己の意思に反して住所または居所を移転したため、通勤が不可能または困難になった
  9. 鉄道やバスなどの廃止または運行時間の変更で、通勤が不可能または困難になったこと
  10. 事業主の命による転勤や出向で、通勤が不可能または困難になったこと
  11. 配偶者の転勤や出向のための、別居を回避するため、通勤が不可能または困難になった

会社を辞める場合、退職の理由よりも退職の仕方のほうが大切と述べましたが、雇用保険法で規定されている自己都合退職の場合で正当とされる理由を記載しておきます。

 

会社を辞める理由が上記のものであれば、法律上は正当なものと認められます。

 

会社をスパッとやめられる理由として適切かどうかはわかりませんが、世間一般で考えられている周囲が承認する退職の理由としてこのようなものがあるという点で参考になると思います。

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら