会社を辞めたい 辞めるべき会社の見分け方

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい 辞めるべき会社の見分け方

会社を辞めるべきか続けるべきか迷う場合はよくあります。この場合の一つの考えとして、よい会社ならば辞めないし悪い会社なら辞めた方が良いのは当然です。そこで、辞めた方がいい悪い会社の特徴について以下で解説します。

 

労働関係法令を守っていない

 

悪い会社は、労働関係法令を守っていません。会社が法令順守をするのは今や常識となっていますが、今でも一部の会社は平気で法令違反をしています。代表的なのは、

 

  • 残業に対して割増賃金を支払わないサービス残業
  • 月45時間以上の残業を行う違法残業
  • 指導の名目で暴力や暴言を吐くパワハラ

 

こういった違法行為を平気で行う企業はよくない企業ですので辞めた方がよい企業です。続ける価値のある会社は社会常識としてこういった違法行為は行いません。

 

会社が従業員を大切にしていない

 

高圧的な上司

悪い会社は従業員を大切にしません。従業員を会社の利益のための道具程度にしかみていません。会社の経営者や幹部の言動を見ていると判断できます。

 

高圧的な態度を取ったり、従業員を物扱いするような発言をする、経営者や幹部がいる会社はよくない会社です。

 

一方、続ける価値のある会社は従業員を大切にします。上司が部下に対して暴言を吐いたりすることはほとんどなく、従業員が働きやすい環境をつくることに気を配っています。そういう会社は辞めるべきではありません。

 

従業員が会社を大切に思っていない

 

会社に不満を持つ従業員

悪い会社は従業員が会社に対して不満を持っています。会社が従業員を物扱いしていれば、従業員も会社に不満を持って当たりまえです。

 

従業員が会社に不満を持っていれば離職率も高くなります。頻繁に人が変わる会社は従業員が会社に不満を持っていることが多いのです。

 

反対によい会社は従業員が会社を大切に思っています。会社が従業員を大切に扱っていれば従業員も会社を大切に思うのは当然です。そういう会社はみんなができるだけ長く働きたいと考えているので、離職率が低くなります。

 

退職者が出る場合でも仕事上の不満(賃金、休暇、仕事内容など)であることは少なく、家族の介護など仕事以外の理由による退職が多くなります。退職時のトラブルも少なく、会社と大喧嘩して退職したという話はほとんどきかれません。

 

こういった会社であれば勤務を継続しる価値の会社であると言えるので、会社を辞めるべきではありません。よい会社に巡り合うことはめったにないことですから、こういった会社であればできるだけ長く勤めていたいものです。

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら