会社を辞めたいのにやめられない理由

MENU
スポンサードリンク

会社をやめられない個々の理由

会社をやめられない理由は人によって様々です。
会社を辞めたいと思うことは誰にでもあることです。

 

しかし、実際にそう思う人のすべてが会社を辞めるわけではありません。
それどころか、実際に会社を辞める人はほんの一握りです。

 

多くの方々が会社を辞めたいと思いつつ、会社勤めを継続しています。

 

家族などの扶養がある場合

家族を不要するサラリーマン

 

会社を辞められない理由で最大のものは家族の扶養でしょう。

 

特に、高校進学を控えたお子さんや大学在学中のお子さんを抱える方は、解雇でもされない限り自ら会社をやめることはほとんどありません。

 

配偶者がいる方でその配偶者が専業主婦の方の場合も同様に、よほどの理由がない限り会社は辞めません。

 

総じて、扶養家族のある方は簡単には会社を辞められないものです。

会社の待遇が良い場合

 

会社を辞められない理由としては、現在の会社でそれなりの好条件の待遇を得ている場合です。

 

そのようなケースで退職をすると、次の会社に転職しても労働条件のより悪い会社になる可能性が高く、退職すれば大損します。
また、その会社の仕事に魅力を感じている方もなかなか辞めれません。

会社をやめることのリスクが大きい

リスクを感じるサラリーマン

 

会社を辞めた場合、失うものが大きいことも会社を辞められない原因となります。

 

会社に勤めているということは色々と義務も発生しますが、それなりの権利も取得します。
仕事の出来不出来に関わらずある程度の賃金は必ず支払われますから、生活に困ることはありません。

 

また、年金保険や健康保険も本人の負担もありますが、会社でしっかり支払ってくれます。
また、会社には仕事を教えてくれる上司や相談にのってくれる同僚もいます。

 

人によっては、会社の人間関係がその人の人間関係のほとんどだという人もいると思いますが、会社を離れるとそれらの全てを失います。これは、相当に大変なことです。

 

さらに、会社に勤務している人と、そうでない人では社会的信用が全然違います。
会社に勤めていないとあちこちで肩身の狭い思いをします。

 

このように退職するということは失うものが大きく、相当な覚悟が必要です。
このこともそう簡単に退職できない理由となります。

会社側の心理作戦に要注意

 

退職はこのように大きなリスクが伴います。
ですから、できるだけ避けたい事由であることには間違いはありません。

 

労働者に関する痛ましい事件のことをニュースで聞くたびに、労働者の方がどうしてそうなる前に会社を辞めなかったのだろうと思うこともよくあります。

 

そのような事件を起こすような会社は、労働者の方の簡単には「会社を辞められない」という心理を巧みに利用して悪事を働きます。

 

ですから、あんまり会社をやめてはならないと強調してもかえってよくないこともあります。
そのような場合、現在では様々な労働問題の相談機関がありますから、早めに第三者の意見を聞いて適切な判断をしていくことが大切になってきます。

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら