会社を辞めたい うつ病の場合

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい人がうつ病の場合

うつ病の人

会社を辞めたいと人の中にはうつ病を発症している人も多く、現在はうつ病患者が急増している傾向があります。うつが原因で退職・休職・休暇を取っている方は、年間80万人から12万人いると言われております(2007年データ)。

 

日本経済も高度成長期が終わり低成長時代に入ってから久しいのですが、経済の成長率が鈍くなるにつれて職場環境の厳しさが増し、職場でのストレスからうつ病などの精神疾患を発症する人の数も年々増加しております。

 

企業の業績の悪化は雇用環境の悪化をもたらします。そうなってくると誰かをやめさせようとしてイジメが横行します。イジメによるストレスでうつ病になる人が大勢います。

 

また、リストラによる人員削減の結果、特定の社員に仕事の負担が集中するようになることも生じて過酷な長時間労働を課せられ、その結果うつ病を発症する場合もあります。
職場環境のIT化は人間関係を希薄化し、職場内でストレスを解消することを難しくしていきました。

 

さらに、昨近の構造改革、かつては正社員がほとんどだった職場が、正社員、準社員、派遣社員、臨時職員、パート、アルバイト等、様々な種別の職員が入り乱れて仕事をするようになりました。
このことは職場の一体感を失わせ、、職員間の摩擦を生じさせやすくしました。

 

とにかく、最近の状況は職場でのストレスを増加させる要因ばかり目立つようになり、ストレスによりうつ病を発症する方が急増しております。

うつの状態をよく見極めること

 

うつ病で会社を辞めたいと思う場合、うつ病の原因が何かを考えます。

  • 特定の上司との人間関係
  • 長時間労働
  • 本人の体質が弱い
  • 仕事が全くできず周囲から認められない

 

うつのケア

など原因は様々ですから、その原因を見極めます。
例えばうつの原因が長時間労働や特定の上司との人間関係である場合、転職した途端にうつ病が治る場合もあります。

 

同じ会社内で長時間労働を改善することや、特定の上司を左遷させたり、自分がそれを理由に担当部署を変えたりすることは非常に難しいです。そのような場合は、転職したほうが早く解決する場合もあります。

 

一方、体質が弱い場合や仕事が全くできなくてうつ病になる場合、転職してもまた同じことを繰り返す可能性が高いです。その場合は安易な転職をせず、その職場にとどまりながらメンタルタフネスのトレーニングや、仕事に対する訓練を受けることにより解決への道を探ることが賢明な方法と言えます。

 

なお、精神疾患としての「うつ病」に関してはさまざまな種類があり、その種類によって治療方法も異なるため、精神科医に委ねることになります。

 

詳しくは⇒ うつ病の種類や違い

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら