転職をするために会社を辞めるタイミングについて

MENU
スポンサードリンク

転職するために会社を辞めるタイミングについて

転職するために会社を辞める場合には、まず退職のタイミングを見極めます。

 

会社を辞めるタイミングを見極める

普通の会社を退職する場合には、一人前の社会人として会社の繁忙期などは避け、できるだけ会社に迷惑をかけない時期を選びます。

 

例えば、スーパーや百貨店などの小売店では年末の歳末商戦の時期が最大の繁忙期です。こんな時期に退職を申し出ると周囲に大変な迷惑をかけますので、できるだけ避けます。

 

また、プロジェクトに参加しているような場合には、少なくとも自分のパートを完成させるまでは退職をしないようにします。

 

退職の申し入れは直属の上司に対して行う

 

また、会社に退職を申し出る場合には、一般的には会社の直属の上司に申し出をします。会社の上司であれば退職時期等に関して良い相談相手になります。また、会社の上司を飛び越えてさらに上役に対して申込むと、直属の上司が恥をかいたりしてよくありません。

 

なお、上司に申し出る際には転職先が決まるなど、十分退職の決意が定まってから申し出るようにします。退職への意思が固まらない状態で退職を申込むと、上司の説得されてせっかくの転職のチャンスを逸したりします。

 

退職の理由について

 

退職の理由については、転職の場合には、もっと条件の良い会社や自分の能力を発揮できる会社に移りたいためが本音ですが、それは、今の会社がよくない会社であると言っているようなものですから、そのような理由を退職の理由とするのは避けます。

 

退職願

会社の退職の理由は一身上の都合により、で十分です。退職時に退職の理由を労働者から会社に対して報告しなければならないというような義務は一切ありません。

 

また、退職の際には、トラブルが多発します。余計なことを書いたり言ったりすると、思わぬトラブルに巻き込まれる場合があります。

 

ですから、ここはシンプルに「一身上の都合で」ということにしておけば、最良の選択です。本当の理由を述べても、かえって会社の人間を傷つける場合があります。また、中には会社への不満を洗いざらい述べるような人も居ますが、これも感心できません。

 

就業規則の確認や退職の公表について

 

最後に、就業規則も確認しておきましょう。民法の規定では退職の申し出から2週間を経過すると、自動的に退職できるようになっています。

 

しかし、会社とトラブルになって退職する場合でなければ、例えば就業規則に退職は退職の申し出から1か月後に可能となる等の規定があれば、その規定に従った方がよろしいです。

 

なお、会社の同僚に退職のことを伝えるのは上司が退職を公表するまで待った方がよいです。1人の退職は周囲に影響を与えます。ですから、上司が公表するまでは、自分が退職することを秘密にしておいた方がよろしいです。

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら