会社を辞めたい 単身赴任の場合

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい人が単身赴任の場合

 

会社辞めたいけど単身赴任の場合

会社を辞めたいと考えるのは単身赴任をしている事が原因だとするケースが増えています。会社から理不尽な転勤を命じられることもしばしばです。

 

昔は転勤があると一家揃って引越しというのが当たり前でしたが、最近では子供の教育の関係、親の介護の関係などから、夫(又は妻)のみが単身で転勤先に引越しをするという単身赴任が多くなりました。

 

単身赴任の大変さ

 

家族から離れて一人暮らしというのも結構大変です。仕事を終えて帰宅してからも家事・炊事を自分でしなくてはなりません。最初はいいのですが、仕事が忙しくなってくると面倒くさくなって外食が多くなります。そうすると、栄養のバランスが崩れて肥満になったり高血圧になったりします。

 

また、家族と同居していれば仕事で疲れて帰ってきても家族と過ごすことでストレスを解消し、翌日の仕事への元気を取り戻すことができます。しかし、ひとり暮らしだとそれもできません。

 

仕事がうまくいっていればいいのですが、仕事でストレスを抱えるようになるとそれによりうつ病になったりします。

 

うつ病になってしまう位なら、日々の生活を多少の出費で済むのなら「まともな生活」にしておくほうがいいのではないでしょうか?単身赴任で考えうる「まともな生活=食事」です。栄養バランスの取れた食事を送ることこそが、毎日の生活のエネルギー源となるのではないでしょうか。

 

単身赴任中の家事手伝いおすすめサイト

家事代行のSHS

料理・洗濯・掃除などなど、奥さんがいないと何かと不便な生活を熟練のスタッフがサポートしてくれます。

便利屋 べんリン

同じく単身赴任中の家事代行サービスです。

 

無情な転勤命令

転勤命令を受けた人

特に長年家族と同居していた方が突然単身赴任をすると、心身の健康に影響を受けて会社を辞めたいなどと考えることが多いそうです。

 

会社の方でそのような労働者に負担のかかる転勤を避けるべきだという考えも相当あります。しかし、全国規模で事業を転換している会社も多いですし、勤務先よりも転勤によるキャリアアップを重視する会社がほとんどです。

 

したがって、単身赴任が必要な転勤も当然多くなります。採用の際に勤務地域を限定して労働契約を締結すれば遠方への転勤命令は受けませんが、正社員であればそういった契約は希ですし、地域限定契約では昇進や昇給が遅れてその方面で不利益が発生します。

 

労働者を退職に追い込むことのみを目的とする明らかに不合理な転勤命令であれば、拒否することも可能です。しかし、転勤があることを前提の上に労働契約を締結し採用され、その転勤命令に正当な理由があれば労働者はそれを拒否できません。

 

また、仮に不合理な命令であるとしても、拒否するためには原則として裁判に訴える必要がありますから非常な困難を伴います。

 

厳しい現実

 

独身の方は原則として単身赴任とはいいませんから、単身赴任の場合には奥さんや子供さんがいることと思います。子育てをしている時期はとにかくお金が必要な時期でもあります。

 

奥さんも正社員でお金に不自由はないという場合は別ですが、奥さんが専業主婦やパート職員の場合、そう簡単に会社を辞めるわけにはいきません。とにかく、

会社を辞めたい,単身赴任,転職

  • 生活費
  • 子供さんの学費
  • 医療保険
  • 年金保険
  • 税金
  • 公共料金

等、何もしなくても毎月相当な金額が入用になります。失業保険も3ヶ月から6ヶ月程度しかもちません。再就職しようにも、40代50代の男性の再就職は非常に厳しいです。職を選ばなければ仕事はありますが、時給800円程度の力仕事がほとんどで、会社に勤めていたころの数分の一です。

 

また、いい年をしてそんな仕事をしていると、周りから邪険に扱われます。
退職前と同じ水準の労働条件の募集もないことはないのですが、数十倍の倍率の狭き門になりそれに再就職することは至難の技です。

 

結局、我慢して勤めていたほうがよかったということにもなります。

 

時には我慢も必要

 

我慢するおじさん

単身赴任も勤務成績が良ければ、3年は我慢をして希望を出せば家族のもとに戻ってくることができます。再就職の厳しさを考えれば、会社を辞めない選択をするべきかもしれません。

 

それでも単身赴任が嫌だという場合は会社を辞めることもあるかもしれませんが、会社を辞めるのはいい条件で雇用してくれる再就職先を見つけてからということが後悔しないためにも必要になります。

 

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら