会社を辞めた場合 退職金にかかる税金

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めた場合 退職金にかかる税金について

退職金

会社を辞めた際に退職金が支給される方も多いですが、退職金に対しても所得税と復興特別所得税がかかります。

 

退職金にかかる所得税は退職時に会社が退職金から天引きしますから、一定の場合を除いて退職者本人は何もする必要はありませんが、税額の計算の仕組みをしっかりと覚えておきましょう。

退職所得控除額の計算

 

税金を計算する場合は、まず課税の対象となるものの収入額を求めてから所得税法で決められた控除額を求めます。

 

収入額から控除額を引けば、所得額が算出できます。この所得額に対して、所得税法で決められた税率をかけて課税額を求めます。

 

退職金の場合、退職金の支給額が収入額となります。
この収入金額から下記の計算式により退職所得控除額を計算します。

 

  1. 勤続年数が20年以下の場合・・・・・40万円×勤続年数
  2.  

  3. 勤続年数が20年超の場合・・・・・・800万円+70万円(勤続年数-20)

 

例えば、勤続10年で退職した場合の退職所得控除額は

40万円×10=400万円

です。

 

また、勤続35年で退職した場合の控除額は、

800万円+70万円(35-20)=1,850万円

です。

退職所得の計算

 

退職所得控除の金額がわかれば退職金から控除額を引くと退職所得が算出できます。
退職所得の場合、退職金から退職所得控除を引いた額に1/2を乗じた金額が退職所得の金額となります。

 

例えば、勤続10年の方が500万円の退職金を受け取った場合、

500万円-400万円×1/2=50万円

が退職所得となります。

 

一方、勤続35年の方が3,000万円の退職金を受け取った場合の退職所得の金額は、

3,000万円-1,850万円×1/2=575万円

です。

退職金に係る所得税の金額

 

所得税法では、退職金に係る所得税額について退職所得に応じて以下のように定めております。

 

  1. 退職所得の金額が195万円以下・・・・・・・・・・・・・所得金額×5%
  2.  

  3. 退職所得の金額が195万円超330万円以下・・・・所得金額×10%-97,500円
  4.  

  5. 退職所得の金額が330万円超695万円以下・・・・所得金額×20%-427,500円
  6.  

  7. 退職所得の金額が695万円超900万円以下・・・・所得金額×23%-636,000円
  8.  

  9. 退職所得の金額が900万円超1,800万円以下 ・・所得金額×33%-1,536,000円

 

勤続10年の方が500万円の退職金を受け取った場合の所得税額は5万円になります。
また、勤続35年の方が3,000万円の退職金を受け取った場合の所得税額は722,500円となります。

 

実際の税額は、これに震災特別復興税が加算されますから、ここで計算した金額に102.1%を乗じた金額となります。

 

ポイントを説明する人

また、上記の税額が適用されるのは退職者本人が「退職所得の受給に関する申告書」を提出した場合です。万が一、この申告書を提出しなかった場合には一律に退職金の金額に20%を乗じた金額の退職所得税が課税されます。

 

ですから、その場合の課税額は勤続10年の方が500万円の退職金を受け取った場合には100万円、勤続35年の方が3,000万円の退職金を受け取った場合には600万円となります。著しく高額な税額となりますから、この申告書は必ず提出する必要があります。

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら