転職のための退職時に会社から受け取っておくべき書類

MENU
スポンサードリンク

転職をする際に退職時会社から受け取っておく書類

転職のために会社を辞めた場合、次の就職先を探す期間のために必要な手続きに必要となる書類を受け取っておかなくてはなりません。これらの書類は、求職のための期間に必要なだけでなく、再就職先に提出することになる書類も含まれます。くれぐれももらい忘れのないようにしたいものです。

 

会社を辞める時にその会社から受け取っておくべき書類は

  • 離職票
  • 雇用保険被保険者証
  • 源泉徴収票
  • 年金手帳
  • 健康保険被保険者資格喪失確認通知書の写し

などです。

 

離職票について

 

離職票は退職後の休職期間中にハローワークから基本手当を受けるために必要な書類です。
退職時に再就職先が決まっているなど基本手当を受ける必要がない場合には、会社に交付してもらう必要はありません。

 

離職票を用意した人

ほとんどの場合は、退職後10日前後で会社から郵送などで送られてきます。退職後10日を経過しても会社が離職票を送ってこない場合には、会社に離職票を交付するように催促します。

 

それでも会社が離職票を交付しない場合には、ハローワークに報告します。

 

退職した労働者が希望した場合に離職票を交付することは、法律で定められた使用者の義務ですから、会社が離職票を交付しないことをハローワークに申告すれば、ハローワークから会社に指導を入れてくれます。そうすればほとんどの場合、会社から離職票の交付を受けることができます。

 

雇用保険被保険者証について

 

雇用保険被保険者証とは、縦18p横5pの細長いクリーム色の被保険者証です。会社に就職して雇用保険に被保険者になった時にハローワークから交付されます。この被保険者証は、原則として労働者本人が持つべきものなのですが、会社によっては会社が保管している場合もあります。

 

会社が保管している場合には退職時に会社から交付してもらいます。この被保険者証は雇用保険の基本手当の受給を申請する際に必要となります。また、再就職先の会社に提出することが必要です。ですから、在職時に会社に預けている場合には、退職時に申し出て返却してもらいます。

 

源泉徴収票について

 

源泉徴収票は退職した日の属する年内に再就職する場合には、再就職先の会社に提出してその会社で年末調整を受けるために必要となります。また、退職の日が属する年内に再就職しない場合には、その年の翌年の確定申告の際に必要となります。

 

この源泉徴収票も離職票と同様に、退職後しばらくすると会社から郵送されてきます。又は、会社によってはその年の年末調整の時期(12月〜翌1月)に送られてくる場合もあります。源泉徴収票の交付時期については事前に確認をしておきます。

 

その確認した時期に郵送されてこない場合には、会社に催促をします。確定申告の時期は翌年の2月15日から3月15日までですから、遅くともその時期までには交付を受けるようにします。

 

年金手帳について

年金手帳

年金手帳も本来は労働者本人が持つべきものなのですが、会社によっては、会社が保管している場合もあります。会社が保管している場合には、返却してもらいます。

 

年金手帳は、再就職先の会社に提出しなくてはならないものです。前の会社から返却を受けるのを忘れていると、再就職の際に必要書類を提出できなくて、スタートからつまづくので退職時に会社に預けている場合には必ず返却しておいてもらいます。

 

健康保険被保険者資格喪失確認通知書の写しについて

 

健康保険被保険者資格喪失確認通知書の写しは、健康保険の被保険者であった従業員が退職すると、会社は年金事務所に健康保険被保険者資格喪失届を提出します。その届を受けた年金事務所は、内容を審査し問題なしと認めれば、健康保険被保険者資格喪失確認通知書を会社に交付します。

 

この健康保険被保険者資格喪失確認通知書のコピーを、退職の際に会社から受け取っておく必要があります。この書類は退職後、再就職までの期間、国民健康保険などの他の医療保険に加入しなくてはなりませんが、その加入手続きに必要になります。

 

健康保険の被保険者は国民健康保険の被保険者になりませんから、この資格喪失確認通知書の写しをもって、健康保険の被保険者ではないことを証明したうえで、健康保険に加入しなくてはなりません。ですから、他の医療保険制度に加入するためにこの書面が必要になります。

 

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら