会社を辞める際に必要な書面

MENU
スポンサードリンク

会社を辞める際に必要な書面

会社を辞める場合、会社に様々な書面を提出しなくてはなりません。その一方で、会社から受け取っておく書面も様々あります。以下では、会社を辞める際に会社に提出すべき書面と、会社から受け取っておくべき書面について、説明をいたします。

 

会社を辞める際に会社に提出する書面

 

会社を辞める際に会社に提出すべき書面は、以下のとおりです。

  • 退職願
  • 健康保険被保険者証
  • 退職所得の受給に関する申告書

 

退職願

 

会社を辞める際の書面

会社を辞める場合には退職願いを会社に提出します。

 

この退職願いは特に様式はありませんが、通常は「一身上の都合により平成○年○月○日をもって会社を退職します」という簡潔な文章により構成された書面を作成します。

 

退職の申し入れは口頭でも可能ですが、言った言わないのトラブルが多発するため通常は文書を提出して行います。

 

なお、会社とトラブルを抱えて退職する場合には退職願に余計なことを書くと後々不利益が発生する可能性があるので、退職願の文章は必要最小限にとどめ余計なことは書かないようにします。

 

健康保険の被保険者証

 

会社で健康保険に加入されていた方は、退職の時までに会社から交付を受けていた健康保険証を会社に返却します。なお、家族が会社の健康保険の被扶養者になっていた場合にはその家族が有していた健康保険の被扶養者証も同時に返却します。

 

退職所得の受給に関する申告書

 

会社を辞める際に会社から退職金が支給される場合には、退職所得の受給に関する申告書を会社に提出します。この申告書を会社に提出しない場合には退職所得に加算される税率が非常に高額になります。退職金を受け取る場合には必ずこの申告書を提出します。

 

会社を辞める際に会社から受け取っておくべき書類

 

会社を辞める際に会社から受けとっておくべき書面は、次のとおりです。

  • 雇用保険被保険者証
  • 離職票
  • 年金手帳
  • 源泉徴収票

 

雇用保険被保険者証

 

雇用保険被保険者証とは雇用保険の被保険者であることを証明する書面です。この書面は転職先の会社に再就職する際に新しい会社に提出するために必要になります。

 

この被保険者証は本来本人が持つべきですが、会社によっては会社が預かっている場合もあるのでその場合には会社から被保険者証を返却してもらいます。

 

離職票

 

離職票はハローワークで求職者給付の受取手続きを行なう際に必要となります。なお、離職票は会社を辞める際にはまだ会社の方で用意できないので、通常は退職してから1週間後程度で自宅の方に郵送されてきます。

 

年金手帳

 

年金手帳は退職後の年金の手続きに必要であったり、再就職の際に新しい会社から提出を求められたりします。年金手帳は本来は被保険者本人が持つべきものです。しかし、会社によっては会社の方が預かっている場合もあります。その場合に、会社を辞める際に必ず会社から返却してもらいます。

 

源泉徴収票

 

源泉徴収票

会社を辞めた日が属する同一年内に再就職をしなかった場合には、その年の確定申告が必要になります。その際退職した会社から交付される源泉徴収票が必要になります。

 

また、会社を辞めた日が属する年に再就職をした場合にも退職した会社が交付する源泉徴収票を提出する必要があります。

 

いずれにしても、会社を辞めた後の税に関する手続きには辞めた会社が交付する会社を辞めた日が属する年分の源泉徴収票が必要になります。会社を辞める際には必ずこの源泉徴収票を受け取っておきます。

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら