仕事を辞めたい 税理士

MENU
スポンサードリンク

仕事辞めたい 税理士の場合

現在、税理士として税理士事務所等に勤務されている方で事務所を辞めたいと考えていらっしゃる方もいると思います。そこで、以下では税理士事務所の特徴やそういう方が転職する場合のポイントについて考えてみます。

 

意外と大変な税理士の仕事

 

税理士

税理士というと自由業で好きなときに仕事をして高額の報酬を頂いてバラ色の職業というイメージがあります。しかし勤務税理士に対してひどい長時間労働を強いる税理士事務所もあります。

 

例えば税理士事務所勤務の税理士Aさんの場合、平日は毎日8時出勤の夜10時帰宅が常態で繁忙期には土日なし、そんな状態が長期間続き、毎日「事務所を辞めたい」というような状態になってしまいました。

 

また、かつて複数の税理士事務所に勤務し、現在は民間企業で働いているBさんの場合、最初に勤務した税理士事務所では最初の1年間は朝8時出勤の深夜の帰宅、休日出勤は当たり前、残業代の支払もほとんどないという状態だったそうです。

 

税理士の独立開業は険しい

 

税理士

税理士も最近の中小企業の減少や税理士保有者の増大から独立開業もそう簡単ではなく、長時間労働と低賃金の下事務所勤務を長期に継続される方も結構いるそうです。

 

税理士というとこういった労働問題とは無縁の職種と思われがちですが、以外にも一部にはひどい環境で働かれておられる方もおります。

 

税理士が転職するポイント

 

税理士の方は病気などで税理士の仕事ができないという場合を除いて、税理士の方が転職を考える場合には税理士以外の職種に転職するということはまずないと考えられます。

 

税理士のスキルは一般企業の中でも非常に高く評価されております。税理士事務所での勤務が薄給の上に長時間労働なので耐えられないという場合には、一般の企業の経理部門へ転職する方法がまず考えられます。

 

一般企業への転職のメリット

 

一般企業の場合、個人経営の税理士事務所に比べて資金に余裕があることが多いので、給与や福利厚生の面で税理士事務所に比べて厚遇を受けることができる可能性が高くなります。

 

また、職員の数も多くチームで仕事をしますから、特定の職員に業務が集中してその人だけが異常な長時間労働にさらされることは一部の例外を除いてありません。そして、普通の会社であれば上司が部下の労務管理を行いますからその点でも安心です。

 

評判の良い税理士事務所へ転職する

 

税理士事務所も様々ですから、どの事務所も勤務税理士に残業代なしの長時間労働を課しているというわけではありません。現在の税理士事務所を辞めたいと思う場合、評判のよい他の税理士事務所へ転職する方法もあります。

 

この業界は入職・転職が激しいので、空いている税理士事務所を見つけるのはそんなに苦労がないと考えられます。また、税理士同士の交流の中からそういう事務所を見つける方法もあります。

 

>>税理士専用 転職支援サービスはこちら<<

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら