会社を辞めたい 受け付け(レセプション)

MENU
スポンサードリンク

会社辞めたい 受け付け(レセプション)の場合

レセプションとは、ホテルのフロントなどで、宿泊客の受付業務などを行う仕事です。通常は、宿泊客のチェック・イン業務、鍵の管理、各部門への連絡調整手続き、ホテル料金の受領書などの作成を行います。

 

レセプションの仕事の特徴

 

レセプション

レセプションの仕事の特徴としては、ホテルは原則として24時間営業ですから、夜勤があり、3交代制の勤務シフトをしいていることが多いことがあげられます。

 

また、ホテル業は繁忙期と閑散期がありますから、忙しい時とそうでないときがはっきり分かれるため多くのホテルでは、変形労働時間制を採用しています。

 

この制度は、1年とか1ヶ月とか一定の期間を平均して1週間40時間、1日8時間の労働時間を維持していれば、特定の週又は特定の日に1日8時間、1週間40時間を超えて労働させても、割増賃金を支払わなくても良いという制度のことです。

 

簡単に言えば変形労働時間制は、忙しい時に所定労働時間より長く働く代わりに、その分忙しくないときに所定労働時間より短かく働くことで埋め合わせをする制度のことです。

 

レセプションは長時間労働になりがち

 

レセプションは長時間勤務が多い

レセプションに夜勤や繁忙期があり、十分な人員を確保していないホテルでは長時間労働を強いられる場合があります。

 

また、年間平均給与も業界全体の平均が約469万円(平成25年度)であるのに対して、レセプションが属する接客娯楽業は257万円(平成27年度)とやや低くなっています。

 

ですから、ホテルによっては長時間の労働を強いられる割には賃金が低く、決して良い労働環境とは言えない場合があります。

 

また、レセプションは接客業ですから、例えば人が自分より上になるのが嫌な性格の方には向きません。また、チームプレイを重視しますから個人主義的性格の方には向きません。

 

24時間営業が基本ですから、長時間労働となり易い傾向となり長時間労働が苦手だという方にも向きません。言うまでもなく接客業ですから、人とコミニケーションを取るのが嫌いだという人にも向きません。

 

未経験者が転職しやすい業務のナンバーワン

 

あるアンケート調査では未経験でも転職しやすい職種ランキングの第1位はホテルのフロント、客室係、コンシェルジュだったということです。レセプションは接客マナーさえきちんとしていれば、だいたい勤まりますから、それが転職しやすいという評価を生んだものと考えられます。

 

転職がしやすいことと、退職をしやすいことは別の問題ですが、異常な長時間労働が続く場合や、どうしてもレセプションの仕事に向いてないなと考える場合には、会社を辞めて別の職種へ転職するという方法もあります。

 

また、接客業務は好きだけれども長時間労働が嫌いだという方には、比較的残業の少ない不動産や旅行代理店の受付業務に転職する方法もあります。

 

会社を辞めたいと思ったときの判断基準

 

ただし、無計画な退職は厳禁です。退職を考える際には

 

  • レセプションの仕事に自分が向いているどうかをもう一度よく考える
  • 会社は法令を守っているか(違法残業はないか、パワハラがないか等)を考える
  • 退職した場合、転職がうまくいく可能性が十分にあるのか
  • 求職期間中の生活費は大丈夫か?雇用保険、貯金など

 

を十分に検討したうえで、結論を出さなくてはなりません。

 

受け付け(レセプション)の求人・転職おすすめサイト

サイト名

おすすめポイント

ホテル・旅館求人.jp

ホテル・旅館・民宿に特化した求人サイトは「ホテル・旅館.jp」です。動く動画で職場見学もできて、転職でほしい情報がここに詰まっています。勤務地は全国各地から選べ、職種や雇用形態も幅広く、理想の職場がきっとみつかりますよ!登録も無料で簡単なのもうれしいですね。

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら