会社を辞めたい タクシー運転者

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい タクシー運転手の場合

タクシー運転者は大変な仕事です。業界全体に長時間労働が蔓延しており、深夜労働を含む16時間連続勤務など大変な勤務があります。しかも、タクシー運転者を狙った強盗事件が頻発しており、大変危険でもあります。以下ではタクシー運転者の方が会社を辞めたい場合について考えます。

 

タクシー運転者の仕事は長時間労働、高年齢、低賃金

 

タクシー

まず、タクシー運転者に関するデータを見てみます。

 

平成26年度の賃金センサスによると、タクシー運転者の1年間の平均所定内給与は203万4千円で、調査対象65職種の平均値299万6千円を大きく下回ります。

 

タクシー運転者の1カ月平均の平均所定労働時間は172時間、同残業時間が20時間、合計で192時間です。全職種の平均値が1ヶ月当たり所定労働時間が約163時間、残業時間が約11時間ですので、合計で約174時間です。タクシー運転者は平均より約20時間ほど多く働いています。

 

また、平均年齢が高いのもこの業種の特徴です。全職種の従業員の平均年齢は41.38歳ですが、タクシー運転者の平均年齢は58.6歳です。全職種の平均年齢より17歳以上高齢で、60歳に近い水準であります。

会社が労働者の健康と安全に十分配慮しているか見極める

 

タクシー運転手の方が会社を辞めたい場合には、転職先を探すのが非常に困難です。従って、老齢基礎年金の支給開始が65歳からですから、それまでは何とか頑張って勤務を継続するしか方法はないように思えます。

 

ただしタクシー運転者は長時間労働による過労死の多い業界です。しかも、高齢の従業員が多いですから、ますますそのリスクは高くなります。

 

それでも、会社が労働者の方の健康に十分に配慮していればよいのですが、利益のために従業員を酷使するような会社では、退職するタイミングを誤ると本当の命取りになります。

 

危ないと思ったら迷わず退職をする

 

タクシー運転手

会社が労働者の方の健康や安全に十分に配慮しているか否かは、普段から会社の幹部に接していれば自然に分かると思いますから、労働者の健康や安全に配慮していない会社であれば危険を感じたらすぐに退職すべきでしょう。

 

年金支給開始年齢までは失業保険の利用や基礎年金の繰上支給などで何とか対応できる場合がありますし、同じタクシー業者であれば就職先が見つからないこともありません。

 

とにかく、長時間労働による健康障害や過労死のリスクが非常に高い業界ですので、このことには十分に留意して自分の身を守るべきです。

タクシー業界 おすすめの転職支援サービス

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら