会社を辞めたい 宅急便ドライバー

MENU
スポンサードリンク

会社辞めたい 宅急便ドライバーの場合

宅急便ドライバー

宅急便ドライバーは給料はそれなりに出るものの、労働環境も厳しくて長時間労働のため時間単価に直すと決して高給であるとは言えません。

 

お歳暮やお中元御シーズンは朝から晩まで走り回っていなければなりません。学生のころから体育会等に所属し、朝から晩まで体を動かしていた方でないと勤務は難しいものと考えられます。

 

また、宅急便ドライバーは頻繁に求人を繰り返しています。これは、新入社員を採用しても体力的にもたなかったり、周囲になじめなかったりして短期間で辞める方が多いことを意味しています。

 

会社側も、社員が辞めても外部から簡単に別の方を採用できるという考えをもっている場合も多いので、新しく入社された方で体力的につらい方や周囲になじめない方は、会社から冷遇されたりして面白くない思いをするかもしれません。

 

宅急便ドライバーの給料は見た目よりも低い

 

宅急便ドライバー

宅配便ドライバーは大変な長時間労働です。また、休日も疲れをとるために1日中寝ているだけといった状態になり易く、自分の時間がほとんど取れません。

 

年がら年中荷物を運んでいるという感覚となり、だんだん生きている意味を失っていく感覚にとらわれるようになる場合があります。

 

収入は残業手当や家族手当などが充実しているため、それなりの金額になりますが、長時間労働のため時間単価に換算すると決して高いものとは言えません。ある宅配便ドライバーの方の話によると、残業時間が50時間から100時間で、手当込の月給が25万円〜30万円程度です。

 

現在の宅配便は統廃合が進んで、宅配便はほとんど大手企業が運営するようになってきましたから、サービス残業などの問題はそれほど大きな問題とはなりません。しかし水面下ではサービス残業など不合理な慣習が結構あるようです。

 

長時間労働に嫌気がさしたら退職を考えるのも一つの方法

 

身体を動かすことが大好きだという方を除けば、長期間の宅配便ドライバーの勤務は結構つらいものがあるようです。内部で昇格して管理職にでもなれば別ですが、そうでもなければ年齢と共に仕事に嫌気がさしてくることも十分に考えられます。

 

宅配便ドライバーの場合には退職金を出さない会社が多いようですが、退職金のあるなしに関わらず長時間労働が少なくプライベートな時間が十分に持てる会社へ転職を考えるのも一つの方法です。

 

宅配便の会社は大手企業が多いので、脅迫まがいの手段で労働者の方の退職を妨害するようなことはほとんど考えられません。法令に従って粛々と手続を勧めることで、比較的穏便に退職することができます。

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら