会社を辞めたい 主婦の場合

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい人が主婦の場合

主婦の方で、会社を辞めたいと思われていらっしゃる方もいるかもしれませんが、主婦で働いている方はある意味では一番恵まれていると言えます。

 

女性で働いている方の場合、例えば夫が失業者や障害者で家計の主たる担い手として働いていらっしゃる方もいるかもしれませんが、主婦の労働という場合には夫が家計の主たる担い手としてきちんと働いているので、補助的に働くということになると思います。

 

主婦の主たる活動は家事や育児ですから、その空き時間に家計補助的または小遣い稼ぎ的に働くということだと思います。

主婦が働く場合の恵まれた条件

 

働く主婦

正社員のような転勤や昇格がなく、業務がやや単調になり仕事の楽しみがないという欠点はあります。

 

しかし社会保険については年間給与を130万円未満にしておけば年金保険は国民年金第3号被保険者、健康保険は配偶者の被扶養者になることができ、保険料を支払わなくても社会保険のサービスを受けることができます。

 

また、年間給与を103万円以下に抑えておけば所得税もかかりません。
原則として、1年以上勤務を継続すると雇用保険の基本手当の受給権が発生します。自己都合退職の場合、離職から受給開始まで3ヶ月程度かかる場合もありますが最低でも90日間の基本手当の受給が可能です。

 

配偶者の給与がありますから自己都合退職による待機期間の制限も大きな問題とはなりませんし、たとえ雇用保険の給付が最低の90日しかなくても焦って職探しをする必要はありません。また、失業中も社会保険料は配偶者が負担してくれますから、それを負担する必要はありません。

 

主婦が会社を辞めることはリスクが少ない

 

主婦の方が会社を辞めたいという場合、ほかの方に比べてリスクや問題が少ないと言えます。
入ったばかりの会社で会社を辞めたいという理由が、

  • 体力の不足
  • 疾病
  • 親族の介護
  • 配偶者の転勤による別居の回避

などの正当な理由による場合には、6ヶ月以上勤務していれば基本手当の受給ができます。

 

正当な理由なく仕事や社風が合わないという理由で退職しても、勤務期間が1年以上あれば制限は受ける者の基本手当は受給できます。
配偶者に生活を保証してもらいつつ、退職金がわりに基本手当を貰って余裕で再就職先を探せます。

主婦労働の問題点

不満を抱く主婦

パート労働は単純作業が多く、スキルアップがあまり期待できません。会社の方も長期の雇用継続はあまり期待していません。

 

ですから、責任のある仕事はさせてもらえないし、待遇も低く、正社員たちが嫌がる仕事が回ってきます。その意味では決して良い環境とは言えません。

 

しかし家事育児が主体で副業であれば、残業がないし仕事が難しくない分かえってそのほうがいいという考え方もあります。もちろん社会保険制度がサラリーマンの主婦を優遇しているのは家事育児にそれなりの社会的意義を認めていると考えられます。

 

夫は会社で仕事、妻は家で家事・育児を主体として、働くなら副業的に働くというスタイルが暗に奨励されているようです。主婦が優遇されているのは家事・育児を主体としてほしいからであり、決して理由がないわけではありません。

主婦が会社を辞める場合の注意点

 

注意しなければならない点として、有期雇用契約で働く場合は病気などやむを得ない理由なく会社の反対を押し切って勝手に辞め、会社に損害を与えた場合には損害賠償を請求される場合があります。
病気等特別な理由がない場合には、嫌な会社でも雇用期間満了をもって辞めましょう。

 

また、感情的に会社と対立している場合でも円満退社を心がけましょう。雇用保険の受給や再就職の為には勤めていた会社に書類を書いてもらうことが必要な場合もあります。円満退社でないと会社から嫌がらせを受けて、余計な手間がかかることがあります。この点も気をつけましょう。 

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら