会社を辞めたい 証券会社の場合

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい人が証券会社に勤務している場合

悩む新入社員

会社を辞めたいと考えている人が、証券会社に勤務していた場合は勤務年数もよく考慮する必要があります。

 

証券会社の場合は3年くらい我慢して、ある程度スキルを身につければ転職市場での評価が高いそうです。

 

最初は辛いかもしれませんが、もし我慢できるのであれば新人の方なら辞めたいと思っても、3年間ぐらいは我慢してきちんとした技能を身に付けたうえで退職する方がいいかもしれません。

 

会社を辞めると、辞めた時はいいのですが失業保険の受給が終わっても再就職が決まらず、そのままずるずると時が経過すると後々大変なことになります。
その点、証券会社を離職した場合には、再就職市場での評価が高いですから安心だと言えます。

 

>>年収800万以上ある実力者の転職なら【クライス】<<

新人の場合、最低3年間の職務経験を

 

長期間の職務経験があり、十分なスキルがある方が退職する場合には年齢などが高い場合を除いてスキルを積むために我慢して働き続ける必要はありません。

 

しかし新人の方で、まだ一般的なビジネスマナーや証券に関する業務の基本的な部分をマスターしていないうちは我慢して続けるべきかもしれません。

 

会社に入ったらどんなに辛くとも最低3年間は我慢しろといわれます。
確かに3年もいれば一般的なビジネスマナーやその会社の業務に関する基本的な技能が身に付きます。

 

また、ある程度の預金もできますし、普通は退職金もでます。
再就職を探す期間の生活費を補償する雇用保険の基本手当の受給権も発生します。

 

しかも、証券会社の場合には身に付けたスキルの価値が高いので再就職がしやすいです。
また、給与や賞与退職金などお金の面で恵まれています。

 

細かい話ですが、

 

自分から会社を辞めた場合だと普通は雇用保険の基本手当を受給する際に受給開始時期が3か月間据え置かれるという給付制限を受けます。

 

解雇や倒産による退職の場合には、このような制限はありませんから問題になりません。

 

しかし、自分から退職を申込む場合にはこの受給据置期間に対応するために、最低でも3か月分の生活費を事前に用意しておく必要があります。
普通に会社に勤めていれば、3年も経てばそのくらいの預金はできているはずです。

 

とにかく、辛くても3年間は我慢すると、退職後により良い会社を見つけて再就職する際に不利になることが少なくなります。

状況によっては退職を

 

再起を図る人

過酷な長時間労働、対人関係によるひどいストレス、上司の異常なパワハラなどにあい、3年間もとても我慢できないという場合もあるかもしれません。

 

そのような場合、無理して我慢すると一生治らないような精神疾患を発症したりする場合があります。会社に勤めることはもちろん大切ですが、それによって体を壊す事態になることは最悪の選択です。

 

そうなるよりも会社を辞めて、しばらく休養したうえで再起を図るべきです。会社に勤めているうちは分かりませんが、世の中には会社に以外でもいろんな人がいろんな形で生活しています。

 

会社を離れても生き延びる道もあります。会社もひどい会社ばかりではなく、いい会社もたくさんあります。会社を離れて考えると、いろいろなことが見えてきます。

 

一般論としては石の上にも3年という事は間違いではありません。
しかし、一つの会社にこだわるあまり精神的に病的な状態になるほど辛いのであれば、一旦は会社を離れてしばらく休んで再起を図る方法もあります。

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら