会社を辞めたい 洗濯工

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい 洗濯工の場合

洗濯工とは、ホテル・病院寝具等のリネンサプライ業務、イベントハウスのコスチュームクリーニング業務などをおこなう仕事です。以下ではこの洗濯工の仕事をされている方が会社を辞めたい場合について考えます。

 

洗濯工の仕事について

 

洗濯工

平成26年度の賃金センサスによれば洗濯工の1年間の所定内給与は171万3千円で、調査対象の65職種の最低水準です。全65職種の平均は299万6千円で約120万円の開きがあります。

 

一方、洗濯工の1ヶ月当たりの平均所定労働時間は172時間、残業時間が12時間です。調査対象全職種の平均所定労働時間は約160時間、残業時間が約11時間ですから、所定労働時間及び残業時間とも全業種平均を上回ります。

 

非常に安い洗濯工の賃金

 

洗濯工の平均賃金は非常に安いけれども、労働時間が特に短いわけではありませんので、割に合わない仕事ということができます。業務の内容も決して重要な仕事ではないとはいいませんが、単調な仕事ですので慣れてくればすぐに飽きてくるかもしれません。

 

洗濯工の仕事を辞めたいと思うのは、ある意味では自然なことかもしれません。しかし、洗濯工のキャリアが転職の際に役立つ可能性は低いですから何も準備しないで転職をした場合、現在の洗濯工の仕事よりもよい仕事に就けるとは限りません

 

良い転職をするには準備が必要

 

洗濯工

専門職は賃金もよいし、休暇も比較的とれます。しかし、専門職に就職するためには資格の取得が必要になります。

 

また、退職後は起業したいと考えている場合でも起業するには人脈と資金が非常に大切です。起業前に十分な人脈と資金を準備しておかないと起業に失敗して大変なことになります。

 

幸い洗濯工には極端な長時間労働はありませんから、退社後や休日を利用して資格の勉強をするとか、企業に向けての準備活動をするとかという必要があります。転職のために退職する場合は事前の準備を十分に整えてから実行する必要があります。

 

異業種へ転職するならば早めに

 

未経験業種への転職は30歳までといわれています。洗濯工を辞めるか辞めないかを迷ってズルズル年齢を重ねると後から後悔することになります。

 

洗濯工の世界で一生働くつもりがないのであれば、早めに転職の準備を開始して、遅くとも30歳になる前には新しい業種へと転職を実行する必要があります。

 

もちろん、洗濯工として立派に働いていらっしゃる方も大勢いらっしゃいますから、洗濯工の世界で頑張っていく方法もあります。良い仲間に恵まれれば、多少の悪条件は我慢できるものです。その場合には会社を辞めたいという気に負けずに、日々の仕事を頑張っていくほかありません。

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら