仕事を辞めたい 先生・教師

MENU
スポンサードリンク

仕事を辞めたい 先生・教師の場合

学校で教師の仕事をしていて仕事が忙しすぎるとか、生徒やその父母とのコミニケーションがうまくいかない、同僚の先生とうまくいかないなどの理由で先生を辞めようと考えている方も多いです。先生の仕事の特徴や転職を考える際に気を付けることなどについて考えてみます。

 

先生の仕事は過酷な労働環境にある

 

先生

学校の先生は大変です。通常の授業のほかに生徒の生活指導や、部活動を持たされると業務終了後残業で部活動のコーチをしなくてはなりません。父兄とのコミニケーションも上手に行わなくてはなりません。

 

学校の先生は給料は比較的高額ですが、多忙で長時間労働、高ストレスの職場で働いているということができます。ちなみに学校の先生でうつ病で休職をした人の数は2011年に全国で5,274人(4年連続5,000人超)、精神疾患が原因で退職した人は2014年に全国で969人いるそうです。

 

通常の授業のほかに給食費の集金・督促・集計などの業務があります。放課後の運動場やプールなどの整備やトラブルを起こした生徒の相談、音楽の先生であれば備品の管理などもあります。学校行事があればその度に準備や後片付けに奔走しなくてはなりません。

 

反抗的な生徒への対応、自分の子供のしつけがなっていないのは先生のせいだと主張する父兄への対応、無責任な管理職への対応などもストレスの原因となります。学校の先生にうつ病などの精神疾患が多いことは、先生の仕事が過酷な労働環境にあることを物語っています。

 

安易な転職は避けるべき

 

しかし学校の先生は公務員としての地位を保障され、給料も他業種に比べて高額です。

 

どうしても先生の仕事が嫌で仕方がないという場合を除けば、組合を通じて労働環境の改善(業務量の削減等)をはかったり、うつ病の症状がある場合には休職制度を利用してしばらく休んでみるなどして安易な退職を避けるべきです。

 

うつ病の症状がある場合判断労力が失われています。その時点で先生を辞めたいと思っても、休職制度を利用して十分に静養した場合、また先生の仕事に対する熱意が蘇ってくるかもしれません。その時に、すでに退職していればもう原職には復帰できません。

 

先生たちの精神疾患は社会全体の責任

 

先生

現在の教育現場は、世相を反映してか生徒たちがやたらに反抗的となり、いじめの問題も頻繁に発生します。

 

また、父兄たちもかつてのように先生に対する尊敬の念が失われて滅茶苦茶なことをいう者が増えてまいりました。加えて長時間労働など過酷な労働環境が問題となっております。

 

こういった中、先生たちが精神的におかしくなることは先生たちの責任ではなく、社会全体の責任と考えることができます。ですから業務上の理由で精神疾患を発症したような場合には遠慮なく休職制度などを利用すべきです。

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら