会社を辞めたい 正社員の場合

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい人が正社員の場合

 

現在正社員をしておられる方で、会社を辞めたいと思っておられる方も多いと思いますが、正社員を辞める場合には独特の問題があります。

 

それは、現在の日本に雇用制度はだいぶ崩れてきたとはいえ、いまだに夫が家計の主たる稼ぎ手で正社員として働き、妻は家事が主体で働く場合にも副業的なパート労働者として働くという前提のもと構成されているということです。この仕組みは以下のように反映されています。

  • 健康保険の被扶養者
  • 国民年金の第3号被保険者
  • 所得税の控除の仕組み

例えば、健康保険の被扶養者や国民年金の第3号被保険者が働きに出て、年収が130万円以上となればその資格を失います。今度は、健康保険料や年金保険料を自分で負担しなくてはなりません。

 

また、給与所得が103万円を超えれば所得税を納めなくてはなりません。141万円を超えれば配偶者に配偶者特別控除が利用できなくなります。

 

例えば夫が正社員で妻がパート労働者の場合、妻が年収103万円又は130万円を超えない範囲内で働くような誘引を与えます。この背景には、やはり男性は正社員として働き、女性は家事育児がメインで働く場合でも副業的な方法に限るという伝統的な価値観があるものと考えられます。

 

最近は男女共同参画が叫ばれて女性の社会進出が進んでいますから、家計の主たる担い手は必ず男性でなくてはならないということはありません。しかし、家計に主たる担い手として正社員として働く者と主として家事育児行い副業的に働く者が家計を構成するというモデルを前提に社会システムが構成されていることに変わりはありません。

 

正社員が高待遇な理由

 

待遇が良い正社員

一般的には正社員で就職すると非常に有利な条件が与えられます。
有期労働契約ではないため雇用が安定しており、給与や賞与の水準も高く、福利厚生も充実しています。万が一中途退職する場合でも退職金は必ず支給されます。

 

転勤があることや会社に対する忠誠心を強く求められたり、残業が多いなどの不利益もありますが、それに見合う十分な待遇が与えられます。

 

しかし、これは本人の能力が高いことが主な理由ではありません。主な原因は、その者が家計において主たる担い手になっている場合が多いからです。労働の生産性のこともありますが、社会的に家庭を築いていく役割があるため仕事の成果以上の待遇を得ているということです。

 

パート社員の低待遇の理由

 

副次的な役割を与えられているパート労働者の場合、原則有期雇用契約で雇用の不安があります。賃金も時給制が多く、正社員に比べて2分の1とか3分の1とかの水準です。
退職金も無いかあっても極めて少額です。昇給も無いかあっても時給が少し上がる程度です。

 

このような待遇なのは労働生産性が低いからではありません。副次的な労働なので原則配偶者の収入があります。ですから、解雇されても賃金が少なく退職金がなくても深刻な事態になることは少ないです。

 

パート労働者と正社員の賃金格差は労働生産性からだけではどうしても説明がつきません。家計の役割分担を踏まえた観点からの理解がないとどうしても賃金や待遇の格差は説明できません。

 

正社員を辞めることについて

 

正社員を辞める場合には、転職先も正社員でなければならないことが前提になります。パート職員の場合、いくら頑張っても絶対に高待遇は得られません。そもそも待遇の非常に大きな部分が労働生産性とは無関係に決まってきます。

 

労働生産性と無関係なところで決まるとは、いくら頑張っても対して給与に反映しないということです。むしろ働いた成果の相当な部分が正社員の高待遇のために消費されると考えたほうがいいかもしれません。

 

悩む正社員

よく、40代50代の正社員の方が会社を辞めた場合、時給800円の力仕事しか見つからないと言いますがこれはその事実を反映しています。

 

正社員で就職した時点でその会社で勤めながら結婚して、子供を育て、教育を受けさせ、立派な社会人として世の中に送り出すという役割を与えられます。

 

その役割をしっかり果たせば十分な年金を受けることができ、安心な余生を送れるそういったシステムに自動的に組み込まれます。そのために実力以上の給料が与えられます。このレールから外れると取り戻すのは大変です。

 

ですから、正社員をやめることは非常なリスクを伴うため、くれぐれもご注意ください。
また、万一正社員を辞めるとしても、次の職場も必ず正社員を目指すべき理由がここにあります。

 

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら