会社を辞めたい SE(システム・エンジニア)

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい SE(システム・エンジニア)の場合

SEとは、システム・エンジニアのことで、システムの設計・開発・テストなどを手掛ける職種のことです。現在は高度にIT技術の発達した社会ですから、システムといった場合にはコンピューター・システムを指すことは言うまでもありません。

 

最近のSEの労働環境の状況

 

SE

かつてIT技術者は劣悪な労働環境の下長時間労働を強いられておりました。しかし最近は成果主義的な考え方の普及により、そういった状況は幾分か改善してきているようです。

 

例えば、平成26年度賃金センサスによると、職種別1月当たりの平均労働時間はSEが178時間、歯科医師が178時間、記者が182時間、営業用バス運転者が208時間、高校教員が165時間と、他業種に比べてそれほど長時間労働が問題となっているわけではありません。

 

一方、平均年収データはSEが330万円、歯科医師が574万円、高校教員が434万円、プログラマーが273万円と、営業用バス運転者が324時間他業種と比較してそれなりの水準を維持しています。

 

業界全体の傾向と個々の企業の実態は異なることがある

 

ただし、業界全体の労働環境について問題がないとしても、個々の会社においてはいまだに劣悪な労働環境を労働者に強いているところもあります。特に、SEに関する長時間労働は精神的な疾患を引き起こしやすいですから十分な注意が必要です。

 

現在勤務しているSEの会社が給料が安い、我慢できないほどの長時間労働を課している、会社の上司がパワハラを行うなどといった場合には転職を考えることも決して悪いことではありません。

 

SEの転職が成功しやすい理由

 

SE

業界全体の労働環境が良好だということは、現在劣悪な労働環境の会社に勤務している場合には、環境の良い会社に転職できる可能性が高いということを意味します

 

SEの仕事が好きだとか、理工系の大学を出てSEのスキルには自信があるというような場合には、現在の会社に我慢できないほどのストレスを抱えている場合おなじSEの会社に転職することを考えますが、その場合ある程度の明るい見通しを立てることができます。

 

また、SEの場合より高いスキルと待遇を求めて転職を繰り返していく方も結構いらっしゃいます。勤続年数や会社への忠誠心が社員の能力以上の価値を有する業界も数多くありますが、能力本位のSEの業界は、そういった意味では転職がしやすい業種だということができます。

 

SE(システムエンジニア)の方 おすすめ転職支援サービス

 

会社を辞めたいと迷った時の判断基準

 

ただし、無計画な退職は厳禁です。退職を考える際には、

  • SEの仕事に自分が向いているのか、
  • 会社は法令を守っているか(違法残業はないか、パワハラはないか等)
  • 退職した場合、転職がうまくいく可能性が十分にあるのか
  • 求職期間中の生活費は大丈夫か?雇用保険、貯金など

を十分に検討しなくてはなりません。

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら