仕事を辞めたい 理容師

MENU
スポンサードリンク

仕事を辞めたい 理容師の場合

特に小規模の事業所で理容師の仕事をする場合には、かつての丁稚奉公のような前近代的で不合理な制度が残っており、未だにサービス残業や店長のパワハラまがいの指導に出会うことがあります。以下では理容師の仕事を辞めたい場合について考えてみます。

 

理容師の仕事の特殊性

 

理容師

理容師の世界は、一般のサラリーマンのように有給や残業代の支払いを望んでも難しいようです。

 

ただし拘束時間が長くてもお客さんが来ない限りは手待ち時間なので、繁忙期を除けば労働時間の割には疲労が少ない傾向があります。

 

また、理容師として有名となって多くのお客さんから指名を受けることができるようになると、ピンハネをするような悪質のお店でない限りはある程度の高給が約束され、独立して自分のお店を持つことも可能です。

 

理容師の世界は厳しい実力社会

 

理容師の世界は実力社会なので多くのお客様から指名を頂ける理容師と、そうでない理容師では当然差がでてきます。サラリーマンの場合には少なくとも短期的には能力に応じて社員同士に差をつけることは少ないですが、理容師の場合には給与などの面ではっきりと差をつけられます。

 

その中であまり他の理容師から遅れているようだと面白くないし、理容師としての適性が問題となる場合もあります。そのような場合には転職して別の分野の仕事をすると、急速に実力を発揮したりする場合があります。

 

ただし転職して成功する場合には理容師の仕事に全力で取り組んでも目が出ないという場合に限ります。理容師の仕事を適当にやっても目が出ないのならば転職しても同じことです。まず、目の前にある理容師の仕事に全力で取り組むべきです。

 

多少の不合理は我慢して仕事を覚えるべき

 

理容師

理容師の世界はまだまだ前近代的な労働慣行が残っている事業所が少なくありません。

 

もちろん暴行や脅迫などによって強制労働をさせるようなお店は論外ですが、一人前になるまで多少はサービス残業などのお店の不合理な慣行に我慢しなければならない場合もあります。

 

サービス残業やその他の不合理な労働慣行は決してほめられるべきものではありませんが、一定の範囲内であれば先輩から仕事を教えてもらうためにはやむを得ない側面もあり、理容師として一人前になるためには、我慢することが避けられない場合もあります。

 

郷に入れば郷に従えでそういった労働慣行を批判するよりも、その下で我慢して仕事を覚えて早く一人前になった方が賢い場合もあります。

 

どうしてもそういった慣行を拒否するというのであれば、大企業などのサラリーマンを目指すべきであると言えるでしょう。その場合にはサラリーマンになったほうが幸せです。

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら