会社を辞めたい 理学療法士

MENU
スポンサードリンク

仕事を辞めたい 理学療法士の場合

理学療法士の仕事は本来業務であるのリハビリテーションの他に、日々の記録やカンファレンス表の作成、医者や看護婦とのやり取り、患者とのコミニケーションの確保とあれこれやらなくてはならず、大変な仕事です。以下では理学療法士の方が会社を辞めたい場合について考えてみます。

 

理学療法士の仕事について

 

理学療法士

平成26年度の賃金センサスによると、理学療法士(作業療法士)の1年間の平均所定内給与は264.6万円です。調査対象全65職種の1年間の所定内給与の平均は299万6千円なので平均をやや下回る水準といえます。

 

ちなみに、医師の1年間の平均所定内給与は795万円、看護師は295万円です。医師よりは相当落ちますが、看護師とは約30万円程度低い水準ということになります。看護師の少し下というイメージでしょうか。

 

一方の労働時間については1ヶ月当たりの平均所定内労働時間は162時間、残業時間が4時間です。全職種の1ヶ月当たりのそれは163時間、同じく残業時間は約11時間ですからこれは平均的な数値といえます。

 

理学療法士になるには大変な労力がかかっています

 

理学療法士の方が会社を辞めたい場合でも、理学療法士になるには国が指定した養成学校で3年から4年勉強し、そのうえで国家試験に合格しなくてはなりません。従って、理学療法士になるためには多大なお金と労力を消費しているため、そう簡単に会社を辞めるべきではないといえましょう。

 

会社に対する不満はいろいろあると思います。例えば、

  • 上司や経営者の態度が気に入らない
  • 残業が多すぎる、休暇が少ない
  • 同僚とうまくいかない
  • 給与が安すぎる
  • 医者や看護婦に見下される

 

せっかく頑張って勉強して試験に合格して理学療法士になったのですから、多少の嫌なことがあったからといって簡単に会社を辞めると大損をします。どうしても仕事を辞める場合でも、再就職先は理学療法士の仕事を考えるべきです。

 

理学療法士の仕事は辞めるるべきではない

 

理学療法士

 

理学療法士の仕事しかしたことのない方は分からないかもしれませんが、世の中には単調で、退屈で、給料の極端に安い仕事が山ほどあります。

 

せっかく頑張って資格を取って専門職に就いたのですから、その仕事を投げうってまでより大変な職種の仕事に就いて苦労をすることは愚かなことです。

 

幸い、理学療法士は就職先を選ばなけれ、病院や介護保険施設などにほぼ100%就職できるそうです。どうしても勤務先が嫌な場合でも、同じ職種の別の事業所に就職すれば、ガラッと状況が好転する場合もあります。

 

医師と同じ人命にかかわる重要な仕事ですので、会社は辞めても仕事は辞めずに頑張って頂きたいものです。

理学療法士の求人・転職おすすめサイト

サイト名

おすすめポイント

理学療法士 

理学療法士のための転職サービスは「理学療法士WORK」です。首都圏を中心に、全国規模での転職をサポートしてくれます。
希望の職場が決まったら、職場との面談の前に、キャリアエージェントがお給料・勤務地・休日など交渉してくれるから安心です。妥協せずに、自分の行きたい職場へ向けた後押しをしてくれる事間違いなしです!

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら