会社を辞めたい パチンコ店員

MENU
スポンサードリンク

会社辞めたい パチンコ店員の場合

 

パチンコ店員

パチンコ店店員は、うるさい店内、漂うタバコ臭さなど、労働環境には問題はありますが、意外にも高月給な会社が多いようです。

 

店長ともなれば接客娯楽業の特徴として長時間労働が問題となるようですが、ブラック企業と呼ばれる悪質の会社でもない普通の会社であれば、役職なしの正社員やアルバイトなどは恒常的な長時間労働にさらされるようなことは少ないようです。

 

また、長時間労働により店長が過労死によりなくなったという事件は、アパレルやファーストフード、コンビニエンスストアなどの業界に比べると意外に少なくなっています。

 

パチンコ店というと北朝鮮や暴力団の介入のイメージがありますが、以外にも労働環境は安定しているようです。

 

店長クラスは長時間労働が多い

しかし、店長クラスになると、話は違ってきます。店長クラスになってくると、1日10時間労働、休日が月1回というような過酷な勤務を強いるようなパチンコ店もあります。給与に関しては、高額の基本給が支払われますが、原則として、時間外労働の大半はサービス残業となります。

 

また、パチンコ店は暴力団の介入がある場合があり、店長がその対応に当らなくてはなりません。これは大変なストレスになります。対応を誤ると暴力団から脅迫を受けたり、場合によっては暴行を受けることさえあります。

お客さんへの対応も一苦労

パチンコ店員

パチンコ店にはいろいろなお客さんが来ます。パチンコで負けた場合に、八つ当たりに店員に暴言を吐いたり、場合によっては暴力を振るう方もおります。

 

また女性の店員に対してはセクハラまがいの言動をとるお客さんもおります。こういったお客さんへの対応は相当のストレスとなります。

 

また「サービス残業」は当たり前、という違法な社員教育をしている会社も多いようです。そういった基本的な労働条件を無視する会社は、パワハラなどが横行しやすい環境を生みやすくなります。

 

さらにパチンコ店は倒産が非常に多いのも特徴です。労働環境が安定していて、高月給でも倒産してしまったら何にもなりません。パチンコ店に勤める場合にはこういったリスクについても考える必要があります。

パチンコ屋で会社を辞めるリスクは比較的低い

パチンコ屋店員の方でも、月1回の休日しかないような劣悪な環境で働かれていたり、頻繁に暴力団からの脅迫を受けている、お客さんからの嫌がらせにまいっている、といったような方は会社をやめる(転職)ことを考えてみる方法もあります。

 

もともと基本的にはパチンコ屋は倒産しやすいですから、そのリスクを考慮すると現在の職場に十分に満足をしている場合を除けば、会社を辞めることのリスクは低いと考えられます。

 

パチンコ業界がどうしても好きだという方もパチンコ屋の求人は比較的多いですから、他のパチンコ店への転職も比較的容易です。

 

パチンコ店の求人・転職おすすめサイト

サイト名

おすすめポイント

 

「アルファスタッフ」は東海地区を中心にしたパチンコ店の求人を紹介しています。Web応募特典で、入社お祝い金「10万円」or「寮費3ヶ月」無料も魅力です。
完全個室で家具・家電付きの寮もあり、初心者でも安心です。アルバイトも、正社員も、楽しくお仕事をしたい人は、チェックしてくださいね。

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら