仕事を辞めたい 公認会計士

MENU
スポンサードリンク

仕事辞めたい 公認会計士の場合

公認会計士

公認会計士の資格を持っていれば、監査法人などに勤めることになると思います。公認会計士の場合、税理士などとは異なり個人事務所勤務ということは少ないと思います。

 

監査法人というと大きい会社が多いので、それなりに長時間労働はあるとは思いますが過労による労災が話題になるほどではなく高給で安定した仕事といえます。

 

こういった公認会計士の仕事で公認会計士の仕事を辞めたいということは、病気等によって仕事が全くできないという場合を除いてほとんどないと考えられます。ですから仕事を辞めたいというよりは、勤務先の監査法人などを替えたいという場合の方が多いと思います。

 

公認会計士が転職する理由

 

公認会計士の方が勤務先を代えたいと考える場合、その勤務先の社風等にあわないということが考えられます。公認会計士の世界も実力があればより高い給与と待遇を求めてどんどん新しい監査法人へ転職される方も多くなります。

 

普通のサラリーマンであれば、社風に合わないというような理由ではそう簡単に会社から離れられないのですが、実力のある公認会計士であれば引く手はあまたですから社風にあわないという簡単なことが退職の理由になります。

 

例えば、女性の方で周囲が中年のオジサンだらけで話が合わないだとか、上司が丁寧に仕事を教える雰囲気がないだとか、通常であれば会社に残って本人の努力によって改善していくべき事項ですら、退職の原因となったりします。

 

女性に対するマタニティハラスメントも退職の理由となる

 

特に女性の場合、妊娠や出産に対する監査法人の対応によってもそれが退職の原因となります。マタニティハラスメント(妊娠や出産を理由とする嫌がらせ)などがあれば女性公認会計士などは即座に退職したりします。

 

女性公認会計士の場合、一度退職しても出産と子育てが終了してから再就職する際にそれほどの困難はないからです。

 

公認会計士の転職は恵まれている

 

公認会計士

公認会計士の方は非常に恵まれていると言えます。過労死が問題となるレベルの長時間労働は少ないですし、監査法人はコンプライアンスがしっかりしてパワハラなど大きな問題になりません。

 

労災自体も少ないし、勤続年数が多くなると有給なども取得に苦労することはありません。転職が難しいということも無く、転職を繰り返して自分に最もふさわしい勤務先を選べます。

 

唯一気を付けなければいけないことは、専門職として勤務していないときでも専門知識の陶冶を疎かにしないことです。企業が高待遇を提供するのは会計士の高度な専門知識に対してであることは言うまでもありません。

公認会計士の求人・転職おすすめサイト

サイト名

おすすめポイント

 

「ジャスネットキャリア」は公認会計士、税理士、経理の求人が豊富で、転職を無料でサポートしてくれます!
国内上場起業から、監査法人、大手会計事務所など取引起業は2,400社もあり、エージェントがあなたのキャリアプランを提案し、コーディネートしてくれます。
面接のアドバイスや、企業との交渉、内定から入社までの手続きなども、経験豊富なアドバイスがあるので、心強いですね。

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら