仕事を辞めたい 公務員

MENU
スポンサードリンク

公務員を辞めたい場合

 

公務員を辞めたいと考えている方も多いと思いますが、そう簡単に辞めてしまわずにこの先の人生の事をよく考えてみることが大切です。

 

公務員の場合は他の職種に比べて、一度辞めてしまうと大変に感じられる事が多いものです。

 

高齢になってから有利な公務員

 

年金生活

公務員に就職して最初のころは、仕事が単調で人間関係が窮屈なので、結構つらいかもしれません。

 

しかし、高齢になるにつれて労働条件は安定し、倒産や解雇は原則としてない、仕事は軽労働が多いため段々とよくなります。
また、退職後も高額な年金を受給でき、生涯安泰です。

 

ですから、この業種の傾向として若年期に単調な仕事を我慢して、高齢期に比較的楽な仕事をしてもとを取るような傾向があります。このような勤務形態の場合、若年期に退職をしてしまうと後々苦労します。

 

しかも公務員の場合、上司が教える仕事は基本的にその役所にのみ通用するものになります。
ですから、他の会社では仕事で身に付けた技能はあまり役に立ちません。

 

転職したりすると今まで身に付けた技能が全く無駄になるため新しい会社でまた一から仕事を覚えなければなりません。

 

しかも、休暇も多いし、給料もいい、賞与も高いという環境で慣れてしまうと、民間の会社の厳しい労働環境に慣れるのは容易ではありません。仕事を覚える以外にこのような苦労もあります。

 

就職したときから民間会社の厳しい環境に慣れた者と、中年になってからその厳しさに直面するのでは全然違います。後者の方が言うまでもなく大変です。

 
 

迷ったときはよく考えて

 

迷って考える人

公務員は入るのが大変です。途中でやめてしまうと、小学校から積み重ねた膨大な努力が無に帰します。

 

以上のことを考えた場合、よほどの重大な理由がある場合は別ですが、公務員は一度入ったら辞めるべきではないと言えます。

 

どうしても辞めたいという場合でも早急に結論を出さないで、疲労や精神的な疾患の場合には医師の診断書をとれば安心して休職できますから、少し休んでみてよく考えてみることが大切です。

 

休職しなくても上司と相談して配置換等を考えてもらうのも一つの方法

 

こういった相談にも公務員の場合には柔軟に対応してくれますので、試してみるのもいいかもしれません。

 

公務員の退職の場合、失うものが非常に大きく、それに気づくのはずうっと後になってからです。ですから、一時の感情で辞めたいと思った時も上司や同僚、家族友人とよく相談して、退職以外によい方法はないかを十分に検討し、どうしてもそれ以外に道がない場合に結論を出すべきです。

 

拙速に結論を出すことは避けるべきですね。

 
 

公務員はどんな仕事に転職できる?

 

公務員の方が一般の民間企業へ転職する場合、多いケースが「法人営業職」に就く割合です。今までの仕事柄不特定多数の方と接している回数が多いため、「人づきあいの経験値の高さ」が活かせるのはもっぱら営業職というわけだと推察されます。

 

比較的「事務関係の仕事」に就くのは、市場も

 

しかし公務員の方の場合、ある特殊な能力を持っている可能性が高いといえます。鍵となるのは「専門性を持っているかどうか」です。いわゆる「手に職」ではないですが、専門的知識を持っていれば、おのずとそちらの道が開かれるというわけです。

 

公務員の方の具体的転職先事例とおすすめ転職サイト

教師 

 塾・予備校の講師
日本一の塾講師専用求人サイト【塾講師JAPAN】
中学受験専門【受験ドクター】講師登録

研究員

 民間研究所社員・大学教員
【研究者の未来】〜理系キャリアの真実をマンガで解説〜

警察官  警備会社の社員
税務署の職員

 税理士
会計、税務、経理・財務分野の転職なら【ジャスネットキャリア】
税理士専門の人材紹介サービス「マイナビ税理士」

法務局の職員  司法書士・行政書士
労働基準監督署の職員  社会保険労務士
医療機関職員  医師・看護師など

医師に人気の「非公開求人」とは?≪医師転職のエムスリーキャリア≫
転職支援金35万円がもらえる看護師転職サイト『ナースJJ』

固有財産管理職員  不動産鑑定士

 

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら