会社を辞めたい 工場勤務

MENU
スポンサードリンク

会社辞めたい 工場勤務の場合

工場勤務の人

工場勤務は、単調な作業の繰り返しで大学卒や専門学校卒の方が勤務すると特に大変なようです。また、24時間稼働の工場では3交代制などで深夜や早朝の勤務があり、生活も不規則になりがちです。

 

また、仕事を覚えるまでは周囲になかなかなじめなかったりして苦痛を味わいます。工場での人間関係が良いと単調な仕事も我慢できるのですが、それが悪かったりすると仕事の単調さと相まって苦痛が増大します。

 

さらに、機械プレス工場などでは手や指を損傷する可能性があります。危険な薬品を取扱う工場もあります。比較的安全な作業の工場の場合はまだよいのですが、こういった危険な作業を伴う場合には更に大変です。

製造業には仕事が原因の精神障害が多い

工場勤務の人

厚生労働省の発表した平成26年度の精神障害に関する労災認定の業種別請求件数、支給件数とも製造業が第1位となっています。

 

精神障害とは主にうつ病などのことですが、製造業の単調な仕事内容や不規則な勤務時間が原因で、うつ病などの精神疾患を発症される方が非常に多いことを意味しています。

どの業界も厳しいのが現実

工場勤務の方の中には会社を辞めたいと考えられる方も多いかもしれませんが、例えば工場勤務からIT業界へ転職したとしても、そこでも単純作業は非常に多いですし過酷な長時間労働を命じられるかもしれません。この業界も仕事が原因の精神障害が多発することで有名です。

 

また、サービス業へ転職した場合でも今度は人間関係大変です。上司や顧客、同僚との人間関係を作るのに失敗すると、これまた大変なことになります。そのためには仕事以外、飲み会や様々な会社のイベントに顔を出すなりしなくてはなりません。これも苦手な人にはうんざりすることです。

転職する場合のポイント

一般的には工場勤務がつらいから今すぐ転職というよりも、将来的には転職をするけれども、しばらく我慢して資格を取るなり転職に必要な技能を身に付けるなりして充分に準備をしてから、転職を考えた方が良いでしょう。

 

工場勤務は仕事を覚えるまでは大変ですが、一度仕事を覚えれば煩わしい付き合いがない分自分の時間が取れると思います。その時間に将来の自分がやりたい仕事に関する勉強をして、資格を取るなり、そちらの人間関係を築くなりすべきです。

ひどい労働環境の場合には、早期の転職を考える

例えば毎月1ヶ月当たり80時間を超えるような残業(法定労働時間は1ヶ月40時間)があったり、上司からひどいパワハラを受けているなどしている場合には、長くその会社に勤めていると精神や肉体の健康を害します。これは大変なことになるので早期に転職した方が良い場合もあります。

 

工場勤務の求人・転職おすすめサイト

サイト名

おすすめポイント

ジョブハウス工場

工場でのお仕事を探している人は、「ジョブハウス工場(旧工場ハウス)」がおすすめです。全国の工場での求人情報があり、寮付きのお仕事、期間工の求人など探しやすいです。

 

登録すると会員限定の非公開求人や専属キャリアコンサルタントからの無料転職サポートが受けられます。(登録は無料)

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら