会社を辞めたい キーパンチャー

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい キーパンチャーの場合

キーパンチャーとは、手書きの原稿などをもとに専用の入力装置で入力する作業者のことをいいます。データ入力という場合もあります。キーパンチャーは1時間に15,000タッチ以上の速度で入力ができるため、特殊技能であると理解されています。以下ではキーパンチャーの方が会社を辞めたい場合について考えます。

 

キーパンチャーの仕事について

 

キーパンチャー

平成26年度の賃金センサスによりますと、キーパンチャーの1年間の平均所定内給与が199万円です。調査対象の65職種の平均の1年間の所定内給与が299万6千円ですから、全職種の平均より約100万円ほど少ない金額となります。

 

労働時間は、キーパンチャーの1ヶ月の平均所定労働時間は159時間、1ヶ月の平均残業時間が1ヶ月8時間、合計167時間です。

 

全職種の1ヶ月平均の所定労働時間は約163時間、同じく残業時間は11時間、合計174時間ですから、労働時間に関しては平均以下で長時間労働が問題になることは少ないようです。

 

キーパンチャーの仕事は腱鞘炎や目の病気を引き起こしやすい

 

キーパンチャーの仕事は、基本的には1日中パソコンに向かってキーボードをたたく仕事ですから、向き不向きがあります。向かない方には苦痛以外の何物でもないかもしれません。

 

また、厚生労働省の基準では60分入力したら10分休憩することが義務付けられていますが、会社によってはこの義務が守られない事業所もあるようですし、この基準が守られていたとしても腱鞘炎や目の健康を害すことがよくあるようです。

 

機械相手の無機質な仕事は労働意欲を減退させる

 

会社によっては仕事中に少しでも私語を発すると見張りの者に怒られところもあり、60分に10分の休憩はあるものの仕事中は誰一人声を上げることなくひたすらパソコンにデータを打ち込むという職場もあります。こんな息の詰まる職場では会社を辞めたくなるのは当然です。

 

基本的にはパソコン相手ですから人間関係に悩むことは少ないかもしれませんが、それがかえって仕事を無機質なものにして仕事に対する意欲を減退させ、仕事を辞めたいと思わせる原因になる場合があります。

 

キーパンチャーの職務経験はパソコン関連の仕事で役立つ

 

キーパンチャー

キーパンチャーの仕事は給与水準がそれほど高くないので、どうしてキーパンチャーの仕事が好きだという場合は除いて、会社を辞めたい気持ちが固まり良い転職先が見つかりそうな場合には転職して差し支えないと考えられます。

 

転職先はプログラミングやDTPデザイナーなどのコンピューター関連の仕事の場合、キーパンチャーで鍛えたパソコン操作が役立ちますので、転職後仕事に慣れるのが早いようです。

 

また、残業が少ない職場ですから退社(帰宅)後将来の事務系職種への転職を目指して資格取得のために勉強するのも良いと思われます。事務系職種への転職先でもキーパンチャーで鍛えたパソコン操作の能力は必ず役立つはずです。

 

IT業界 おすすめの転職支援サービス

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら