会社を辞めたい 建設業の場合

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい 建設業の場合

 

建設業の人

会社を辞めたいと考えている人が建設業の場合は、長時間労働が原因になっている場合が多いです。ある調査によると、建設業の現場管理社員の約50%が1カ月当たりの残業時間が60時間超であるといいます。

 

さらに、それが80時間を超える者は全体の30%にも達するということです。また、繁忙期の休日についても4週4休以下の割合が全体の60%近くに達します。

 

4週4休以下と言いますと、4週間のうちそのすべての土曜日について出勤し、日曜日も場合によっては出勤するという状態です。

 

原則として、休みは日曜日だけで後は全部出勤となります。週休2日が当たり前の事務系の仕事に比べ、大変であると言えます。

 

勤務のつらさより人間関係?

 

長時間労働や重労働でも、会社の人間関係がよければそれほど苦にならない場合もあります。長時間労働や重労働だからこそ職場に一体感があり、上司と部下、同僚同士の関係が上手くいく場合もあります。

 

悪い人間関係

逆に、週休2日制や時間外労働がほとんどなくても、人間関係がうまくいかない場合もあります。

 

職場の人間関係は良いけれども、長時間労働や重労働で会社を辞めたいと言った場合には、それは思いとどまった方がいいと言えます。

 

健康を害すような長時間労働で、会社がそれにまったく配慮をしていないという場合は別ですが、会社の人間関係がいいというのは得難いことです。そんな状況で転職しても次の会社が勤務は楽だけれど人間関係が上手くいかないとなると、またその会社も辞めたくなります。

 

その会社も辞めれば、同世代の人間に比べ2年3年5年と遅れていきます。後から遅れを取り戻すのは容易ではありません。また、同種類の転職先ではなく、異業種へ転職した場合にはますますその傾向が高まります。

 

度を越した長時間労働や重労働を強いられている場合は別として、結局会社で一番重要なのは人間関係ですから、それさえうまくいっていれば後は何とかなるものです。人間関係が良い場合には仕事を辞めないで続けていた方がいいかもしれません。

 

会社を辞めなくても、労働組合や労働者の代表を通じて会社側に労働条件の改善を申込むような方法でこの問題を解決する方法もあります。

 

転職をする場合のポイント

 

建設業の人2

長時間労働や重労働の上、会社の人間関係が良くない場合には転職した方が良い場合もあります。できれば、その会社での職務経験が活かせる転職先を見つけたいものです。

 

建設業の場合には土木施工管理技士等各種の資格があります。そういった資格を保有している場合には、その資格を生かせる転職先を探します。

 

労働時間や休暇といった労働条件のみに限ったことですが、中小企業より大企業の方が労働者の方に有利な傾向があります。

 

どうしても労働条件が我慢できない場合には大企業への転職を考える方法もあります。

 

自分の職務経験や技能を生かせる転職の場合には転職が成功し、よりよい職業生活を手に入れることができます。

まとめ

会社を辞めたいと迷ったときの判断基準としては、以下のような事が挙げられます。

 

  1. 会社での人間関係
  2.  

  3. 労働組合などを通じて労働条件の改善は可能か
  4.  

  5. 自分の技能・経験を生かせる転職先はあるか
  6.  

  7. 労働条件のいい大企業への再就職は可能か
  8.  

  9. 長時間労働・重労働は度を越していないか
 

建設業の求人・転職おすすめサイト

サイト名

おすすめポイント

 

建設業界で、将来独立したいと思っている人は、「建設アントレnavi」がおすすめです。とび職、塗装、大工、造園など豊富な職種の中で、建設業界の独立応援企業を紹介してくれます。
経験者はもちろん、未経験の人でも、独立できるようなプログラムが用意されているので、建設業界で独立・起業・転職・就職をしたい人は、ぜひチェックしてくださいね。

 

セキュリティスタッフとしてとりあえず働きたい人におすすめです。研修期間を5日間(30h)しっかり設けており、その間もしっかり給料は支給されます。建設業界の特権とでも言いましょうか?「髪型・ひげ・ピアスなど外見にとらわれたくない方」「今すぐ働きたい方」「働きたい時に自由に働きたい」そんな方に向いています。

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら