会社を辞めたい 経理事務

MENU
スポンサードリンク

会社辞めたい 経理事務の場合

 

経理事務の仕事の特徴

経理事務の人

経理事務は業務を覚えることも大切ですが、デスクワークですから人間関係も非常に大切になります。

 

たいていの経理の仕事は1人では行わず2人以上のチームで行いますから、その上司なり同僚なり部下なりとの人間関係がうまくいかないと会社に行きづらくなります。

 

経理の仕事自体も簿記の仕組みや金融の仕組み、コンピューターシステムや給与計算などを覚えなくてはならないので、結構大変な仕事です。

 

また、1日8時間なら8時間机に向かっていなくてはなりませんので、デスクワークが苦手な人にとっては苦痛ですが、仕事を覚えるのが遅い人でも1年程度我慢していれば自然と覚えてくるものです。

 

仕事をきちんとこなすことができるようになれば決算期や棚卸の時期を除いて残業はそれほど多くはありませんし、週休2日もたいていは保障されていますので結構良い仕事になると思います。

経理事務は人間関係が重要

経理事務の場合には他人の仕事を横取りしたり、他人のミスを人のせいにしたり、半分嫌がらせで細かい指導を執拗に繰り返す陰湿な人が結構いらっしゃいます。こういった人が上司にあたった場合、会社を辞めたいと感じるようになる場合があります。

 

こういった場合には、仕事うんぬんよりもこういった上司とどうやってうまくやっていくかということの方が大切になります。職場内に同情してくれる仲間がいればこういった上司に対峙し易くなります。職場内に仲間を作っておくことがこういった場合の対策に非常に有効です。

経理事務の転職の際のポイント

経理事務の人

経理に関しては公認会計士や税理士といった資格があります。また、日商簿記といった資格も転職の際には有効です。

 

現在勤めている会社が嫌で転職を考える場合でも、会社の勤務を継続しながら経理の勉強をして上記のような資格を取得し、それから転職をすれば次は素晴らしい会社に就職できるかもしれません。

 

仕事をしながら現在している仕事に関係する資格の勉強をすると覚えるのが非常に早くなります。従って比較的短期間で合格することも可能です。

 

これが仕事と全く別分野の資格の勉強をしていると、なかなか資格の勉強が進みません。その意味では経理業務に従事している期間を無駄にすべきではありません。

比較的安全な経理業務の仕事

経理業務は他の業務に比べて長時間労働が原因の精神疾患や過労死などの話が非常に少なくなっています。労働災害の危険もそんなにありませんし、パワハラがひどいという話もあまり聞きません。

 

細かいトラブルはあるかもしれませんが安易に他業種に転職した場合、さらにひどい職場になる可能性が十分にあります。転職の際には十分に気を付けるべきです。

 

経理事務の求人・転職おすすめサイト

サイト名

おすすめポイント

 

「ジャスネットスタッフ」は豊富な経理会計の求人が魅力です。あなたの得意な分野で、仕事を見つけることが可能ですよ。

 

さらに、「経理事務の学校」のセミナー・講座が特別価格で受講できたり、経理の仕事に役立つ動画サイトを見て、どんどんスキルアップできる魅力もあります。
一人のエージェントがあなたの転職先までのフォローをしっかりとしてくれるから安心です。

 

 

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら