会社を辞めたい 警備員

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい 警備員の場合

警備員の仕事は労務管理しっかり行われず、例えば以下のような会社も多いそうです。こちらでは警備員の仕事をしている方が会社をやめたい場合について考えてみます。

  • 休憩が与えられない
  • 残業が支払われない
  • 法律で義務付けられている研修が行われない

警備員の仕事の特徴について

警備員

警備員(交通誘導)の仕事は単調ですので、短期のアルバイトと割り切っている場合は別として、長期間の勤務となるとうんざりしてくることもあり、給与はそれほど高くありません。

 

工事現場でも実際に工事をしている人からすれば棒ふりだけなので、楽な仕事をしている思われて軽く見られます。

 

いい加減に仕事をすると重大な交通事故を起こしたりするので、大切な仕事でないとは言えませんが社会的評価はあまり高くはありません。

労務管理がいい加減なところが多い

法律で定められた休憩時間を与えなかったり、勤務時間がいい加減でその結果サービス残業が頻発します。また、法律で義務付けられている研修を行わずに何もわからないままに突然道路に放り出されて仕事をしろと言われる場合もあります。

 

体育会系の人が多いですから、仕事で失敗すると大声で怒鳴られたり、小突かれたりすることもあります。うまく周囲に溶け込めればよいのですが、そうでない場合にはパワハラのターゲットにされてひどい目にあったりします。

ある程度上に上がれば美味しい話も

警備員

警備員の仕事はたまには半日分の勤務で1日分の給与をもらうようなラッキーなこともあるようです。

 

また、ある程度経験を重ねると工事の現場監督と交渉ができるようになり、労働条件についてある程度交渉できるようになるそうです。

 

しかし新人の場合にはそういった美味しい話にありつけることも少なく、労働条件について現場監督と交渉することは容易ではありません。したがって会社を辞めたいと思われることも多くなると思います。

きちんとした計画があれば転職もおすすめ

会社を辞めたいと思っても嫌なことを我慢して現場監督と交渉できるまで勤務を継続するという方法もあります。しかし、きちんとした計画があれば転職する方法もあります。

 

会社を辞めたいと思った時に自分に警備の仕事があっているのかどうかを検討し、合っていないのであれば転職した方がよいかもしれません。ただ、転職の場合にはきちんとした転職に対する計画なり意欲なりを持たなくてはなりません。無計画な転職はさらに悪い状況を作り出すだけです。

 

会社を辞めたいと持っても我慢して勤務を続けながら勉強して資格を取り、資格を取ってから資格を生かした仕事に転職するというような計画的な転職が望まれます。

 

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら