会社を辞めたい 貨物自動車運転者

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい 貨物自動車運転者の場合

貨物自動車の仕事は、拘束時間が長くて大変な仕事です。また、長時間労働による過労死等の労災事故が多いのもこの業界の特徴です。以下では、自動車運転手の方が会社を辞めたい場合について考えてみます。

 

自動車運転者の仕事は過労による労災事故の多い

 

貨物自動車運転者

貨物トラック運転者の仕事は、長時間労働や過労死の問題が起こりやすくなっています。

 

平成26年度の賃金センサスでも、貨物自動車運転者の平均所定内労働時間は176時間/月と統計対称の65業種のうち3番目に長い時間となっています。また、残業時間も平均39時間/月と65業種中3番目に長い時間となっています。

 

長時間労働が恒常化している業界では必ず業務が原因の脳や心臓疾患の発生件数が多くなります。平成26年度の脳・心臓疾患に関する労災の支給決定件数は、業種別で運輸・郵便業が168件で最多(全体の約33%)、職種別では、自動車運転従事者が85件(全体の約31%)を占めています。

 

平成26年度の労災の支給決定件数は277件(うち死亡が121件)のうち、約3割を自動車運転従事者が占めています。この仕事がいかに危ない仕事であるかが理解できると思います。

 

長時間労働の割には安い賃金

 

長時間労働の反面、賃金は決して高くありません。賃金センサスによると、1年間に決まって支給する給与は92万5千円です。例えば高校の先生が437万円、自動車のセールスマンが323万円、システム・エンジニアが375万円となっています。

 

この金額は貨物自動車運転者の方の極端な長時間労働やそれに伴う危険を考えた場合、は決して高い金額ということはできません。つまり割の合わない仕事だということができます。

 

転職には十分な計画が必要

 

貨物自動車運転者

貨物自動車運転者の方で会社を辞めたいと考える場合、きちんとした転職計画があるということが条件ですが、早めに転職した方よいということは十分に考えられます。

 

若いうちはよいのですが、年齢が高くなってくると徐々に長時間労働による過労のために、脳や心臓の病気を起こす可能性が高まります。

 

よい転職先があれば、高齢にもかかわらず長時間労働を強いられることによって過労死のリスクが高まるよりも、早めにもっと安全な仕事に転職した方が良いかもしれません。ただし、無計画の転職のための退職は現に慎むべきことは言うまでもありません。

 

転職の準備は普段が大切

 

計画的な転職のためには普段が非常に大切です。貨物自動車運転者の仕事を辞めたいと思っても我慢して仕事をしながら余暇に勉強して資格を取るとか、将来の起業のために人脈を作るとかして転職に向けての準備を進めておかなくてはなりません。

 

自動車運転者の仕事は残業時間が多くてなかなか自由に使える時間が取れないのですが、それでも努力して時間を作り、転職に向けての準備をするべきです。そのことがご自身の将来を救うこともあります。とにかく危険な職業であることを十分に認識すべきです。

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら