会社を辞めたい 塾講師

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい 塾講師の場合

塾講師は、公立学校の先生のように給与が高くない割には企業ですので、専門外の科目の授業を持たされたり、サービス残業を強いられたりして結構大変なようです。以下では、塾講師をされている方が会社を辞めたい場合について考えてみます。

 

塾講師の仕事について

 

塾講師

塾講師の仕事のデータを見てみます。平成26年の賃金センサスによると、塾講師・予備校講師の1年間の平均所定内給与は277万4千円です。

 

調査対象65職種の平均の1年間の所定内給与は299万6千円です。また、高等学校の教師は434万9千円です。

 

労働時間については塾講師・予備校講師の1ヶ月当たりの平均所定内労働時間は172時間、1ヶ月当たりの残業時間は6時間です。全職種の1ヶ月当たりの平均所定内労働時間は約163時間、残業時間は約11時間です。

 

ちなみに、高等学校の先生の1ヶ月当たりの平均所定内労働時間は163時間、残業時間は2時間ですから、塾講師・予備校講師の労働時間は、所定内労働時間と残業時間を合わせて全職種より若干高い程度です。高等学校の先生と比べた場合には1ヶ月当たり10時間以上も長くなっています。

 

塾講師の問題点

 

専門外の授業を命じられることがある

 

塾は営利企業ですから公立学校の先生にはない困難があります。例えば、専門外の授業を任されることがあります。公立学校では規則がうるさいために、そのようなことはありえないのですが、塾では急な欠員が出た場合でも簡単に補充ができませんので突然専門外の授業を命じられたりします。

 

そうなると、面目な講師の中には、徒のために本当にためになる事をしているのかの悩むことがあります。しかし、上司の命令には逆らえず、レンマに苦しみます。それが長く続くと、講師の仕事の意味を見失い、会社を辞めたくなります。

 

授業の傍ら営業を命じられることがある

 

授業傍ら営業を命じられる場合もあります。そうすると、業に集中できないため、業の品質が維持できず、これも真面目な先生の両親を悩ませます。こういうことで長く悩んでいると、やはり、社を辞めたくなります。

 

塾講師から転職する場合のアドバイス

 

塾講師

塾講師の方が会社を辞めたい場合には、教育の仕事が好きなのであれば公立学校の先生を目指す方法があります。

 

公立学校の先生ならばそれなりに大変ですが、授業に専念できる環境が与えられるし、社会的身分も向上します。

 

教育という仕事自体を辞めたい場合には、他業種への転職を目指します。塾講師の方であれば勉強が得意でしょうから、事務系の仕事がおすすめです。

 

ただし、いくら塾講師のキャリアがあるとはいえ、無資格ではよい転職は難しいですから、塾講師をしながら事務職に役立つ資格の取得ておくとよいでしょう。

塾講師 転職おすすめサービス

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら