会社を辞めたい 人材派遣会社

MENU
スポンサードリンク

会社辞めたい 人材派遣会社の場合

かつて「年越派遣村」や「派遣切り」が社会問題となったことがありました。現在ではそういった事件への反省から、派遣労働者の雇用環境は改善されてきているといわれています。それでも派遣労働には根本的に解決できない様々な問題があります。

 

派遣労働の問題点

 

派遣労働の場合、実際に雇用する派遣元会社と派遣労働者が実際に働く派遣先会社と、派遣労働者の3面関係があります。普通の雇用の場合、使用者と労働者の2面関係ですから責任の所在について曖昧になることはありません。

 

人材派遣会社に不満を感じる人

しかし派遣労働の場合には、例えば派遣労働者に残業を命じるのは派遣先ですが、残業代を支払うのは派遣元です。

 

また派遣労働者に対して派遣先会社が指揮命令をしますが、万が一派遣先で仕事が原因の事故で派遣労働者がケガをした場合、自己の責任を取るのは派遣元会社です。

 

このような派遣先、派遣元、派遣労働者の3面関係があると、派遣労働者の労働時間の管理が疎かになり、派遣先が命じた残業に対して派遣元が残業代を支払わなかったり、安全衛生が疎かになり労災の責任をとる必要がない派遣先が無理な命令を出して労災事故が起きやすくなったりします。

 

現在は改善されてはいますが、かつては派遣先と派遣元の労働者派遣契約が終了すると派遣労働者と派遣元との労働契約の期間途中でも派遣元が派遣労働者を解雇できたという問題にみられるように、派遣労働者の雇用不安の問題があります。

 

人材派遣会社を辞めたい場合

 

人材派遣会社を辞めたいという場合、2つのケースに分けて考えなくてはなりません。1つは、自ら望んで派遣で働いている方の場合と、もう1つは本当は正社員として働きたいがやむを得ず派遣で働いているという方の場合です。

 

自ら望んで派遣で働いている方の場合

 

自ら望んで派遣で働いている方の場合とは、夫の給料で暮らす主婦の方が副業感覚で働いている、又は自営業の方が副業感覚で働いている等の場合が当てはまります。

 

このような方の場合基本的な生活費は別で確保されていますから、現在の派遣会社が合わなければすぐに別の会社を探しても差し支えないと考えられます。

 

やむを得ず派遣で働いている方の場合

 

一方、正社員を望みながらやむを得ず派遣で働いている方の場合、現在の派遣労働で生計費の大部分を賄っていると考えられますから、転職の当てがない場合には安易な退職は難しくなります。

 

この場合には極めて劣悪な労働環境で勤務を継続していると健康を害することが予想される場合を除き、正社員へ向けての勉強や技能の研鑽を継続しつつ正社員としての転職のチャンスを待つことが最良と思われます。

 

派遣会社間の転職のポイント

 

派遣会社にも利益率を抑えてその分を派遣労働者へ福利厚生の向上に充てる社会性の高い会社もあれば、会社の儲けを優先して派遣労働者の賃金を減らし、平気で使い捨てにする会社もあります。

 

派遣会社間での転職の場合、派遣労働の内容と同時にこういった派遣会社の質もよく見極めなくてはなりません。

 

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら