会社を辞めたい 自動車整備士

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい 自動車整備士の場合

自動車整備士

自動車整備士の仕事は、きちんと仕事をしないと整備不良の車両が交通事故を起こすなどして人命にかかわる重大な仕事です。

 

しかしその割には給与が低く、社会的な評価も今一つ高くはありません。以下で自動車整備士の方が会社を辞めたい場合について考えてみます。

自動車整備士の仕事を辞めたい理由

自動車整備士の方が会社を辞めたい理由としては、次のようなものが考えられます。

  • 給与が安い
  • 仕事が単調だ
  • 趣味と仕事のギャップ

以下で、これらの理由について、考えてみます。

 

給与が安い

自動車整備士は、人命にかかわる重要な仕事をしている割には給与がよくないという問題があります。しかし整備士になりたてのころはできる仕事も少ないし給与が安いのも仕方ないかもしれませんが、我慢して勤務を継続しているうちに仕事を覚えてくれば給与も上がってきます。

 

中には自動車整備士が高給取りになるためには、会社で現場を離れて管理職にならなくてはなりませんから、結局整備士では高給取りにはなれないという方もおります。しかし長期間の勤務により技術を上がれば、それなりの給与を頂けるようになります。

 

従って、人間関係に問題があるとか、長時間労働で心身の健康を害しているといったような問題を抱えているならば別ですが、給与が安いという理由のみで会社を辞めたい場合には、ここは我慢して勤務を継続して仕事を覚え昇給を目指すべきです。

 

ある程度自分に自信がある場合

  • 「もっと自分の才能を評価してくれる所はないか?」
  • 「この知識と経験を活かせる所はないのか?」

と、お考えの方はこちらのサイトに無料登録だけしておいて、「ヘッドハンティングされるのを待つ」という手段も有効かと思います。

仕事が単調だ

仕事が単調な自動車整備士

整備士の仕事は、入社して3年目ぐらいまでは車検整備ばっかりだったりして毎日単調な仕事が続きますが、徐々にトラブル修理などの複雑な仕事を任されるようになってゆきます。

 

仕事が単調だというのも我慢して勤務を継続することによって、ある程度は解決してゆく問題です。

 

そこで我慢できなくて転職をしてみても、きちんとした転職計画を持って転職した場合は別ですが、行き当たりばったりだと転職先がもっと単調な仕事だったりします。

 

どうしても仕事内容や会社の人間と適応できないというのであれば話は別ですが、整備士を辞めたい理由が仕事が単調だということのみの場合には、その問題は我慢して勤務を続けていれば解決することですから辞めるべきではないといえましょう。

趣味と仕事のギャップ

趣味が車いじりでそれで整備士になったけれども、趣味と仕事のギャップから仕事を辞めたいと考えられる方もいらっしゃると思います。

 

確かに趣味と仕事は違います。趣味では自分の嫌いな作業はする必要はありませんが、仕事では、好きも嫌いもありません。このギャップから仕事が嫌に方もおります。

 

この場合、はっきりと別の仕事がしたいという意欲があれば転職した方が成功する場合もあります。嫌な仕事をいやいや続けるより、自分に合った仕事を活き活きとこなした方がどれだけよいか分かりません。しかし、そういった明確な意欲がない場合には転職は避けた方が良いでしょう。

 

しっかりした計画の無い転職は、現状よりさらに悪化した職場に転職する可能性が十分にあります。また、一度やめると「辞め癖」がつき、転職を繰り返すことにもなりかねません。よって、転職する場合には整備士の仕事が自分に向いているかどうかをもう一度しっかり確認する必要があります。

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら