会社を辞めたい 自動車営業職の場合

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい 自動車営業職の場合

自動車営業職の仕事はノルマが厳しかったり、飛び込み営業で訪問先から拒否されるのが辛かったりします。また、体育会系のノリのところが多いのでどうしても合わないという方もいらっしゃると思います。このような理由で自動車営業職の会社を辞めたいと思う場合について考えてみます。

 

自動車営業職の仕事について

 

自動車営業

まず、自動車営業職の統計データを見てみます。平成26年の賃金センサスによると、自動車外交販売員(自動車営業職)の1年間の平均所定外給与は247万5千円です。65職種すべての平均は299万6千円です。

 

次に、自動車外交販売員は1ヶ月当たりの所定内労働時間は168時間です。また、1ヶ月当たりの残業時間は11時間となっています。65職種すべての平均は1ヶ月当たりの所定内労働時間が約163時間、残業時間が約11.5時間です。

 

労働時間に関してはおおむね平均的な水準です。

 

自動車営業職の問題点

 

統計的な数字は別として、実際の自動車営業の仕事には以下のような問題があります。

 

  • 体育会系ののりで、合わない人には耐えられない
  • ノルマが厳しく、達成できないと上司に怒鳴られる
  • 拘束時間が長い、接待の飲食を勤務時間外に要求される
  • 飛び込み営業で拒否されるのがつらい
  • お客に振り回される

 

自動車営業職の場合、大手自動車メーカーでの勤務であれば労務管理がしっかりしているので、中小の自動車販売会社よりはこういった問題が起こる程度は低いと考えられます。

 

特に、中小企業の中で経営状況がよくない場合には、社長をはじめ会社全体が荒んでこういった問題がより激しくなる可能性があります。自動車営業職の方は自動車の仕事には興味を感じている方も多いと思います。

 

よって、中小の自動車メーカーで上記のような問題に悩む場合には、トラブルの少ない大手メーカーの販売職への転職を目指すという方法もあります。また、一般的には賃金や休暇などの面でも大手メーカーの方が恵まれています。

 

自動車営業職で会社を辞めたい場合について

 

自動車営業

なお、自動車営業職自体の仕事に魅力を感じないというのが会社を辞めたい理由であれば他職種への転職を考えます。この選択肢は30代以降の未経験の他業種への転職は困難を伴いますから、ある程度若い方向けです。

 

自動車営業に関して疑問を感じていた方が自動車の営業からシステム・エンジニアに転職した結果、システム・エンジニアの仕事が毎日新しい発見の連続なので自動車営業の仕事をしていたときよりもはるかに充実した毎日を過ごしているというケースもあります。

 

本当にやりがいのある仕事を見つけることによって、嫌な仕事を我慢して続けるよりもはるかに楽しい日々を送ることができるようになります。営業が楽しくてしょうがない方もいらっしゃいますが、そうでない場合には異業種への転職も選択肢の一つです。

 

>>体育会出身者の特別な転職はこちら<<

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら