会社を辞めたい IT業界(プログラマー)

MENU
スポンサードリンク

会社辞めたい IT業界(プログラマー)の場合

現代は高度に発展したIT社会でありますから、それを支えるプログラマーは非常に重要な役割を果たしています。しかし、プログラマーの労働環境は決して良いものとは言えません。

 

ひどい労務管理をしている会社もある

 

プログラマー

一部の中小企業では、労務管理が適切に行われていないため適切な労働時間の管理ができず、法律違反の長時間労働、残業代の未払い、等の諸問題が発生しております。

 

また、プログラマーの仕事は過度の長時間労働が行われた場合、精神障害を発症しやすい傾向があります。よって会社のメンタルヘルスヘルス対策も重要です。

 

しかし、違法な長時間労働を強制している会社ほど対策が取られていないのが現状です。長時間労働や残業代の未払いに加え、上司のパワハラなども加わった場合、精神障害を発症する可能性はますます高まります。

 

会社にパワハラなどに関する内部通報窓口や相談窓口などが設置されていればよいのですが、そうでない場合にはパワハラの被害者がそれを止めさせることは非常に困難です。

 

プログラマーは精神障害に関する労災認定の多い

 

平成24年度にIT業界からの精神障害に関する労災請求は66件ありました。この件数は、すべての業界中第1位というわけではありませんが、プログラマーを含むIT業界には精神障害が多いことを裏付けるには十分な数字だと考えられます。

 

したがって、プログラマーの仕事をしている方で違法な長時間労働、残業代の未払い、上司のパワハラなどに遭遇している場合には、精神障害(うつ病など)を発症する前に、又は症状が悪化しない前に、会社を辞めたほうが良い場合もあります。

 

また、過労が重なりうつ状態となってくると、本来は会社が無理難題を押し付けてきているのもかかわらず、労働者の方が自分に能力がないせいだと自分を責めたりして、ますますうつ病の症状を悪化させる場合もあります。

 

しかし、先ほど述べたように、プログラマーの労働環境が悪いのはIT業界全体の体質が原因であったり、労務管理がいい加減な会社に原因があったりする場合が非常に多いので、自分が悪いケースはごくわずかです。

 

無断欠勤や暴力事件、横領事件などを起こさず、普通に働いていれば自分が悪いと考える必要はありません。

 

健康を害さないうちに転職を考える

 

本来であれば、官公署への申告や労働組合などを通じて長時間労働や残業代の未払いといった問題は解決すべきですが、会社ぐるみで違法なことをしている場合には、膨大な時間と労力が必要になりますので、その場合は健康を害さないうちに会社を離れてよりよい会社へ転職を考えるべきです。

 

IT業界 おすすめの転職支援サービス

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら