会社を辞めたい 一般事務の場合

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい人が一般事務の場合

 

会社を辞めたいOL

会社を辞めたいと考えてる人が一般事務の場合は、確かに向き不向きがあるのが大きな問題点になります。

 

原則として1日8時間以上のデスクワークですから、机に向かって仕事をすることが苦手な人は我慢できないかもしれません。

 

特に、新人の頃に1日中パソコンのデータ入力などの仕事をさせられたりしますから大変です。

 

また、人間関係も気を使います。事業場外の仕事と違って、1日中同じ人と顔を合わせていなくてはなりません。人間関係を良好にしておかないと、1日8時間の勤務が非常に辛くなります。人間関係を作るのが上手な人でないと、大変かもしれません。

 

また、若い女性の方で建設会社や工場での事務の仕事をされている方の中には、気持ち悪いおじさんに変に絡まれるのが嫌で会社を辞めたいという方もおります。

 

ですから、一般事務の仕事を長く続けるにはデスクワークが苦にならず、また人間関係が苦にならない、というような性格を持っていることが必要です。

 

厳しい再就職市場

 

事務の仕事でも正社員となると狭き門です。たとえ自分の性格に合わないと思っても、会社を辞めてしまったらまた正社員の事務職に就こうとしても、ほとんど不可能になります。

 

再就職市場では、パートや派遣でも事務系の仕事は5,6倍の狭き門です。

  • 次のもっといい転職先が既に決まっている場合
  • 農業がしたいとかデザイナーになりたいなどきちんとした目標とそれなりの準備がある場合

上記のような理由で会社を辞めるのはいいのですが、そうでない場合には会社を辞めたいと思う原因を解決して会社に残ることを考えるべきです。

 

なかなか転職ができず、お金が無くなってきて慌てて就職先を探し、前の労働条件よりもはるかに悪い会社に就職せざるを得なくなってその会社で散々な目に遭ったりします。

 

OL

単に会社を辞めたいという理由が性格に合わない程度のことであれば、我慢して辞めないでいたほうがいいです。人間関係が苦手な人も、勤めを続けているうちに少しずつそれが上手になっていきますし、デスクワークも結局は慣れです。

 

1日中パソコンのデータ入力で目が疲れて仕方がないという人も、50分パソコンに向かったら10分は別の仕事をして目に疲れがたまらないように工夫することで我慢できるようになります。

 

一般事務の仕事は、最近では派遣やパートによって賄われる割合が相当高くなってきております。派遣やパートでは雇用が不安定ですし、比較的単純な業務が多く、長期的な観点からは職業能力の向上があまり期待できませんから、簡単に辞めてもやむを得ない部分もあります。

 

しかし、一般事務の正社員はそう簡単にはなれません。辞めたいと思うことがあっても慌てて行動して後から後悔しないように、十分に考えて決断すべきです。

 

>>一般事務専門転職支援サービスはこちら<<

 

 

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら