会社を辞めたい 飲食店従業員

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい 飲食店従業員の場合

名ばかり店長問題や食品期限切れ問題、過労死問題などと飲食業界には最近悪い評判が目立ちます。この業界で働くことは大変なことです。以下では飲食店従業員の方が会社を辞めたい場合について考えてみます。

 

飲食店業界は大企業でも労働法が守られにくい

 

飲食店従業員

普通の業界では中小零細企業の場合のみサービス残業やパワハラなどの問題が起こりやすいのですが、この業界では大企業でも平気でサービス残業の強要やパワハラを行う傾向があります。

 

こういった問題に悩む際、一般的には大企業手の転職が勧められますが、飲食業界に限り大企業への転職は勧められません。

 

また、中小零細企業の場合も従業員を駒のようにしか見ていない経営者もおり、こういった経営者のもので働かされると会社を辞めたくなります。

 

一般の人には信じられないことですが、経費を削減するために消費期限の切れた食材を使ったり、単価は安いがまずい食材を使ったりするように指導する経営者もおります。

 

こういう経営者の下で働いているとまともな人ほど良心が病んで会社を辞めたくなります。やはり、普通の人であれば本当においしいものを提供してお客様に喜んでもらうことを考えるはずです。利益のみ追求する姿勢は勤労意欲にマイナスの影響を与えます。

 

飲食店の仕事と長時間労働

 

長時間労働の問題も重なります。社員ならば1週間6日勤務、1日12時間勤務は当たり前で、残業代の支払もほとんどありません。さらには、1週間に1日だけの休日にも出勤を命じられ、1か月間休みなしというのもあります。

 

飲食店の社員はそう簡単には辞められない

 

飲食店従業員

アルバイトならともかく社員の場合には家族があるでしょうから、会社を辞めたいと思ってもそう簡単には辞められないと思います。

 

飲食店も年功序列がありますから、ある程度続けたお店を辞めると仮に別の飲食店に転職が成功しても給与が下がり生活水準が下がります。挽回するには数年が必要になります。

 

ですから、健康障害が発生しやすくなる月80時間から100時間を超える残業が毎月続くとか、上司から暴力を振われているなどの極端な場合を除けば、労働に関する問題を社内で解決することにより勤務を継続する方法を採らざるを得ないと思われます。

 

一般的には会社を辞めると何かと大変ですので、できるだけ勤務を継続した方がよいことは間違いありません。しかし、健康を害すような長時間労働や上司に暴力を受けるなどの場合には会社を辞めることを選択すべき場合もあります。

 

特に、飲食業界は過労死などの問題が起きやすい業界ですから、危険を感じたら早めに会社を離れることが必要です。

飲食店の求人・転職おすすめサイト

サイト名

おすすめポイント

キャリオク

飲食店のお仕事を探す人は、「キャリオク」で自分自身をオークションにかけてみませんか?
登録して、プロフィールを充実させると、職歴や希望条件を見た企業からアプローチを受ける事ができます。メッセージをやり取りし、面接日を決めて、入社が決まると、お祝い金も出るうれしいサービスもありますよ。

 

>>飲食業界特化型の転職支援サービスはこちら<<

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら