会社を辞めたい 百貨店店員

MENU
スポンサードリンク

会社辞めたい 百貨店店員の場合

 

百貨店をやめたい場合

百貨店はお歳暮やお中元の時期になると連日長時間労働が続き、休暇も取ることができず大変です。

 

接客が大好きだと言って百貨店に入った方でもこの時期の長時間労働にはさすがにうんざりする方もいます。

 

以下では、百貨店に勤めている方が会社を辞めたい場合について考えてみます。

 

百貨店は残業が多い

百貨店勤務の人

百貨店の特徴は、お歳暮やお中元シーズンの長時間労働があります。その時期は朝から晩まで働き詰の時期が1ヶ月から1ヶ月半程度続きます。

 

ただし百貨店は閑散期がありますから、1年間を平均すると他業種に比べ極端に残業時間が多いということはないですが、残業する時期に極端に偏りがあります。

 

ただし、残業が多くても残業代がしっかり支払われていれば、大変ですけれどお金が入りますから心身の健康を損ねるような極端な残業でない限り我慢できないことはありません。

 

勿論、残業代を支払わない、法律で定められた上限時間を超える残業を命じる場合は論外ですが、それ以外は残業は大きな問題ではありません。

異常なノルマを課す百貨店は転職しても良い

百貨店の勤務で労働時間の次に問題となるのはノルマです。ノルマに関して最初に問題となるのは自爆営業です。自爆営業は、ノルマを達成できない場合には会社の商品を買い取らせることです。この自爆営業は労働基準法の「賃金の通貨払いの原則」に反する違法行為です。

 

会社がこれを命じた場合、解雇や降格などの雇用上の不利益を受けるのを恐れた社員がやむを得ず従う場合があります。ひどい場合にはノルマ未達成分を社員に強制的に買い取らせたうえ、その代金を給与から天引きする場合もあります。これも、労働基準法の「賃金の全額払い」の原則に反する違法行為です。

 

ノルマを達成できない社員に自社商品の買取を強要するような会社は信用できません。強制の程度がひどい場合には刑法の強要罪に該当する場合もあります。平気で法律違反をする会社に長くいるとロクなことがないので、良い転職先があれば転職を考えた方がよいでしょう。

社員を競わせる百貨店は転職しても良い

ノルマに関してはもう一つあります。それは、例えばレジ打ちの際、社員番号を入力しどの社員がどれだけお客を獲得したかが一目瞭然に分かるようにし、社員同士を競わせるような勤務体制をとる場合です。

 

これを行うと必ず社員同士の仲が悪くなります。経営者から見れば一時的に業績が上がったり、社員が上司の言うことをよく聞くようになったりして、会社が良くなったように見える時期もあります。しかし、長期的に見れば退職者が続出したりしてマイナスになることが多くなります。

 

社員同士も人間関係の悪化でやる気をなくしていく人が増えて行きます。大きな会社で上司の転勤によりそういった状況が改善される余地があれば時期が来るまで我慢する価値はありますが、そういった状況が望めない場合は我慢して心を病むよりも早めに転職を考えた方が良い場合もあります。

会社を辞めようか悩んでいる時期が大切

百貨店勤務の人

転職を成功させるには資格の取得も有効です。百貨店での人間関係に嫌気がさして会社を辞めようと考えている間に、医療事務の資格を取得し病院事務に転職されて成功した方がおります。

 

百貨店の仕事が大好きだという場合は別ですが、何も準備をしないで転職をすると百貨店に就職して、同じようなトラブルを抱え悩む場合があります。

 

そうならないためには悩んでいる時期に会社に勤めながら、転職に有利な資格を取得してゆく方法は非常に有効です。

 

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら