会社を辞めたい 不動産会社

MENU
スポンサードリンク

会社辞めたい 不動産会社の場合

現在不動産会社で営業の仕事をされていらっしゃる方で、会社の体質に合わない、長時間労働で体が持たない、上司からパワハラを受けているなどの理由で会社を辞めたいと考えている方におすすめの対処法やこの仕事の特徴などについて考えてみます。

 

不動産(営業)仕事の特色について

 

不動産会社の営業

不動産(営業)の業界は会社によっては古い体質のまま失敗した部下に対して上司が平気で怒鳴り散らしたり、ノルマを達成できない罰として毎日1,000枚のチラシまきを命じたりと横暴なところもあるようです。

 

また、夜間や休日の営業を命じたり連日連夜の接待など、長時間労働が問題になる会社もあります。この長時間労働に上司のパワハラなどが加わると労働環境はいよいよ悪くなってゆきます。

 

また、不況の波を受けやすいのもこの業界の特徴です。好景気の時は忙しくて長時間労働が問題となるのですが、不景気の時は逆に仕事が無くて1日中何もしないでパソコンに向かう日々が続いたりします。これも大変なストレスになります。

 

長時間労働、上司への絶対忠誠を強いる体育会系体質、好況と不況の差が激しいことはどの業界にでもあることです。しかし営業中心という業務の性質上不動産業界はこの傾向が激しいようです。

 

ある小規模不動産会社の例

 

規模の小さい会社だと社長がポスティング営業で注文を取って成功した場合、その会社での営業はポスティング営業に限定され、インターネット営業などを提案しても新人なのに社長の方針にケチをつけるとは何事だと怒鳴られたりする旧態依然とした会社もあります。

 

転職のポイント

不動産会社から転職した人

 

このような場合転職を考えるのも一つの方法です。

 

例えば頭の固い上司からポスティング営業以外の営業を禁止されて不満を感じていた男性の方は、宅建士の資格を取得し別の不動産会社へ再就職し、そこで充実した日々を送っているそうです。

 

また、連日の長時間労働で体を壊しかけていた女性の方は法律系事務職に転職して、週休2日と定時退社を実現しました。法律系事務の仕事は慣れるまでは大変でしたが、慣れてしまえば夜間や休日の営業などはほとんどないですから長時間労働の問題はほとんど発生しません。

 

また、給与水準や休日休暇手当などの福利厚生は中小企業よりも大企業の方が厚くなっています。大企業でもパワハラがないとは言いませんが大企業の場合労務管理がしっかりしてる会社が多いので、パワハラなどが少ないと考えられます。

 

同じ仕事の転職ならば不動産系の大企業への転職を目指す方法もあります。

 

>>年収800万以上ある実力者の転職なら【クライス】<<

 

会社に残って頑張ってみる方法

 

ただし、労働環境の問題がそれほど大きくなければ、結局どこの世界にも残業や人間関係のトラブル、福利厚生が不十分などという問題がありますから、労働組合等を通じて労働環境の改善を求める等、会社に残って頑張ってみる方法もあります。

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら