会社を辞めたい 法律事務所事務員

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい 法律事務所事務員の場合

法律事務所事務員も人気職種の1つですが、TVドラマで見るようなかっこよい仕事ではなく、実際には、コピーやお茶くみ、他事務所へのお使い、書類作成などが主な業務で、就職してすぐに辞めていく方も結構多いようです。以下では、法律事務所職員が会社を辞めたい場合について考えます。

 

法律系事務職の特徴

 

法律事務所事務職員の仕事は大きな法律事務所で勤務する場合と個人事務所で勤務する場合では随分異なります。以下では、個人事務所の事務職の特徴と規模の大きい事務所でのそれについて分けて解説します。

 

個人事務所での法律系事務職の特徴

 

法律事務所事務員

個人事務所の場合は所長である弁護士の人柄が大きく影響します。2〜3人の職場ですから、人間関係でつまずくと逃げ場がありません。

 

人間関係でトラブルを起こしても逃げ場のある大きな事務所と違い、職場の人間関係を壊したら居られなくなります。

 

個人事務所でもさすがに法律事務所ですので、サービス残業やパワハラが行われることはほとんどなく、その点においては恵まれています。しかし、個人の事務所では社会保険の加入が義務付けられていないため、厚生年金や健康保険に加入できず福利厚生の面で劣ります。

 

個人事務所の場合には所長の弁護士や同僚と強調でき、雑用などの仕事が苦にならないという方であれば残業もなく休暇もしっかりとれるので結構良い職場かもしれません。

 

規模の大きい事務所での法律系事務職の特徴

 

大きな弁護士事務所の場合、所属弁護士や事務員は仕事のできる人が多いので能力に自信がない場合には入社してから苦労するかもしれません。その代わり賃金は高く、厚生年金や健康保険をかけてもらえることが多いので福利厚生面で充実しています。

 

転職がおススメかどうかはその人の適性による

 

法律事務所事務員

事務の仕事が好きだという方、将来は法律系の資格をとって独立したい方にとっては、法律事務所は残業がないし、会社が法律違反をすることはまずないので非常によい職場だということができます。

 

多少いやなことがあって会社を辞めたいと思っても、目的を達するまでは我慢して続くるべきです。

 

また、法律事務所同士は横のつながりが強いですから、一度不適切な形で退職をすると同じ地域内の他の法律事務所には容易には再就職はできません。

 

現在の職場に合わなくて他の法律事務所に転職を希望する場合には、現在の職場を穏便に退職することが必須条件になります。

 

一方、事務の仕事が嫌でしょうがない方の場合には、年齢を重ねると転職が厳しくなりますので早めの転職がおすすめです。人には適性がありますから異業種に転職したことにより人が変わったように活躍する方もいますが、無計画な退職が命取りであることは言うまでもありません。

 

>>事務系専門の転職支援サービスはこちら<<

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら