会社を辞めたい 派遣社員

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい人が派遣会社に属する場合

派遣社員

会社を辞めたいと思っている人が派遣会社に属する派遣社員だった場合、場合によっては簡単に辞められない場合があります。

 

派遣社員も派遣先が決まるまでは勤務内容や人間関係が全くわからないこともあり、非常に難しい側面もあります。

 

専門派遣の場合にはそれなりに給与も高く、待遇も良くて仕事内容も決まっていますから、まだ良いのかもしれません。しかし、そうでない場合には派遣先の会社で正社員の嫌がる仕事を押し付けられた上に、給与が安く、しかも、雇用条件も不安定といえば、非常に悪い条件での労働ということになります。

派遣会社を辞める場合の注意点

 

派遣社員の方で会社を辞める場合にはひとつ注意が必要です。
派遣社員は有期労働契約により働きますが、この有期労働契約で働く場合には期間の定めのない労働契約で働くものと異なり、退職予定日の2週間前に申出ればその予定日に退職できるというような規定はありません。

 

有期労働契約により労働をする者は、やむを得ない理由がない限り契約期間満了前に退職することはできません。

 

ですから、

  • 交通事故で大怪我をし、重い障害が残った場合
  • 会社が賃金を支払わない

等という特別の事情がない限り、契約期間の途中で退職はできません。
普通は会社を辞めたい思う場合でも、少なくとも契約期間の満了までは勤め続けなくてはなりません。

派遣社員もいろいろ

 

昔の派遣社員は、派遣元の会社に勤務していてスキルアップをしながら、よその会社にスポットで参戦するというのが普通でした。

 

派遣法が変わった現在では、そのような派遣元の会社でのスキルアップが行われることは少なく、単なるパート・アルバイト斡旋になってしまいました。登録した人を管理するわけでもなく、ただ派遣先に送り出してピンハネするだけの会社が多くなりました。

 

派遣社員でも専門スキルを持って専門業務に派遣されるものであれば、それなりに待遇もいいですしやりがいもあるかもしれません。しかし、そうでない場合には工事現場やイベント会場での警備の仕事など専門性もやりがいも低い業務に派遣されたりします。

 

最初就職した派遣会社ならば、専門性のない業務の派遣に関する会社でも仕方ありませんが、徐々に自己研鑽を積んで専門性を身につけて、専門性の高い派遣会社に移れるようにしておく必要があります。

大切なスキルアップ

 

スキルアップした派遣社員

派遣会社のように短期間で人が入れ替わることを当然の前提としているところでは、常に転職を意識してスキルアップを心がけていなくてはなりません。

 

正社員ならば会社がスキルアップメニューを組んでくれますから受身でもいいのですが、派遣社員の場合にはそれを自分でしなくてはなりません。
その中でスキルアップのために会社を辞めるという判断も必要です。

 

正社員より大変かもしれませんが、宿命のようなものです。自己研鑽を怠れば、いつまでたっても単純業務への派遣そのうち雇止めです。

 

なお、会社を辞める場合には正当な理由もなく契約期間の途中でやめると、損害賠償を請求されることがありますので、この点だけは気をつけてください。
最低限、期間満了までは勤務を継続する必要があります。

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら