会社を辞めたい 銀行員の場合

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい人が銀行員の場合

会社を辞めたいと思っている人が銀行員の場合、周囲の猛反対が予想されます。
銀行に勤めている方が、その銀行をやめたいと家族や知人に相談した場合、たいていは引き止められると思います。

 

銀行は経営が安定しているし、労働条件が良く、「職業は銀行員」といえば社会的信用も得られます。また、周囲の強い勧めがあって銀行に入行した方も多いと思われますが、その場合は親や親族等が猛反対をするでしょう。

大変な銀行業務

 

大変な銀行業務

銀行業務は好条件の反面、毎月のように金融商品に関する検定試験の受験や勉強会があるそうでとにかく勉強の連続です。

 

また、人様のお金を取り扱うわけですから、職場の雰囲気は常には張り詰めた緊張感が漂うものとなり、それに我慢することや細かいことにも気を使わなくてはなりません。

 

ですから、会社に勤め続けるためにはこれらのことに慣れなくてはいけません。

新人行員の場合

 

新人の行員の方で銀行を辞めたいと考えている方ならば、もう少し我慢して勤め続けたほうがいいと思われます。

 

最初は辛いかもしれませんが仕事に慣れ、しばらく勤めているうちに給料が高いので余暇に旅行や趣味を十分に楽しめようになるし、地域では大切に扱われるようになります。
そうなれば辞めたいなどという気持ちはなくなってしまいます。

 

一度辞めてしまうと銀行の正社員にはもう二度となることはできないと考えたほうがいいでしょう。

入行後3年を経過した場合

 

入行した当初から銀行業務は自分に合わないと考えている方で、3年以上勤務してもその考えが変わらなければ転職を考えてもいい場合もあります。

 

銀行に3年勤めればその勤務期間に覚えた知識や技術が転職先でも役立つほどに蓄積されます。
前職が銀行の場合、「元銀行員」という看板が付きますから銀行に関してある程度のことを覚えてから辞める必要があります。

 

また、3年という勤務期間があれば転職先の次の会社が必要最小限ですが、一応は一人前と認めてくれます。3年未満の勤務期間だと何か問題がある人というレッテルを貼られてしまいます。

どこでも役立つ銀行の知識

 

銀行

一般的には銀行を辞めることは非常にもったいないことだと考えられますが、人には向き不向きもあります。

 

銀行から他業種に転職して成功する方も大勢いらっしゃいますので、どうしても銀行業務が嫌だという方は絶対転職が悪いということは言えません。

 

ただし次の仕事で成功するためにも、どんなに嫌でも最低3年間は我慢して、銀行業務を覚えてから会社を辞めるべきです。

 

銀行と無関係の会社は皆無と言っていいですから、どんな職場へ行っても銀行に関する知識なり技能なりが役に立たないということは少ないと思います。
その銀行に関する知識などを充分持つことが次の職場での成功の鍵となるからです。

 

>>年収800万以上ある実力者の転職なら【クライス】<<

 

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら