会社を辞めたい 外資系企業

MENU
スポンサードリンク

会社辞めたい 外資系企業の場合

経済のグローバル化によって、日本にも外資系企業が多くなってきました。そこで、外資系企業の特徴や外資系企業をやめる場合や転職のポイントなどについて考えてみます。

 

外資系企業の特徴

 

外資系企業

外資系の企業の場合、日本企業のように経験年数がものをいうというようなことは少ないと言われています。

 

実力本位とも言いますが、年功序列という考えがないので仕事ができてもできなくても勤続していれば給与や役職が上がっていくことはありません。

 

ですから、前年に非常に高い業績を上げても、翌年に成績が悪かったら解雇ということもあります。上司や同僚もドライで、日本の会社のように会社の同僚と家族のように仲良くなるということはほとんどありません。

 

また、日本の会社であれば入社して1年目や2年目は上司や同僚が手取り足取り仕事を教えてくれるのが不通ですが、外資系企業の場合にはそういったことはなく、自分で仕事を覚えなくてはなりません。仕事を覚えらなければ解雇です。

 

外資系企業では入職率・退職率が高い

 

外資系企業

こういった職場環境では当然退職と入職が激しくなります。

 

外資系会社同士ではヘットハンティングが頻繁に行われますから、優秀な人材であるほど1〜2年でより高い年俸や役職、スキルアップを求め転職をすることが多くなります。

 

こういう殺伐とした環境ではこういったドライさが好きだという方にはよいかもしれませんが、日本企業の独特のゆるさに慣れた方は我慢できないこともあるかもしれません。

 

日本企業の中には能力のある社員もない社員もある程度平等に扱われ、能力のない社員も会社が抱えていくという雰囲気があります。

 

解雇も比較的厳しく効率は劣るかもしれませんが、ある程度は皆が安心して働けるような仕組みになっています。しかし、外資系会社のように能力での評価が最優先させ、仕事ができない場合にはすく解雇するという雇用形態は、職場環境を非常にギスギスしたものにするかもしれません。

 

外資系の会社を辞める際のポイント

 

外資系企業の場合、退職金が無い会社がほとんどです。その代わり給与(年俸)が高めにされています。会社自体がドライですから退職の際に会社に残るように説得されることも少ないようです。ドライに手続きを進めるだけです。

 

日本企業と異なり、会社の勤務を継続することに価値はありません。退職金もありませんので自分が思うような金額の年俸を稼げなくなったら会社に残ることに何の意味もありません。会社あなたをそういう目で見ています。転職する当てがあったら早めに転職しても何の不利益もないでしょう。

 

>>年収800万以上ある実力者の転職なら【クライス】<<

 

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら