会社を辞めたい フラワーショップ店員

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい フラワーショップ店員の場合

フラワーショップ店員は女性の方には特に人気のお仕事です。将来は独立して自分のお店を持ちたいと思って働いている方も多いです。以下ではこのフラワーショップ店員を辞めたい場合について考えてみます。

 

フラワーショップ店員のお仕事の特徴

 

フラワーショップ店員

フラワーショップは従業員が数人の小規模なお店が多くなるため賃金がよくありません。お仕事自体が忙しくないなら低賃金でも我慢できますが、忙しいうえに賃金が安いといくらは花が好きでもやる気をなくします。

 

小規模の会社は法定労働時間(1日8時間・1週間40時間を超える労働時間は違法)に対する意識が希薄な所が多いので、サービス残業を強いられることもあります。

 

また、小規模の会社では転勤がないので、経営者の中には横暴な人がいれば会社を辞めるまで我慢し続けなくてはなりません。

 

冠婚葬祭などの盛り花など重量物を扱うことも多く、腰を痛めたりします。水仕事なので冬季には手が水荒れします。フラワーショップの仕事は年齢が高くなるほど大変になります。

 

独立開業を目指すなら簡単には辞められない

 

どんな仕事にも大変なところはあります。フラワーショップで働く人は将来的には自分のお店をもって独立したいと考えておられる方も多いと思いますが、仕事を覚えなくえてはなりませんから極端な場合を除けば独立の準備ができるまでじっと我慢するほかありません。

 

小規模のお店の場合は家族が経営権を握っており、基本的に従業員が経営権を握ることはありません。高齢になっても経営に参画できないというのは面白くないので、従業員時代は修行と割り切って技術と資金ができたら独立という方法が合理的です。

 

この場合、途中でやめると計画がご破算ですので簡単には辞められません。

 

転職には準備と計画が必要

 

フラワーショップ店員

独立などの明確な目標がない場合には、特に若い方なら未経験の異業種への転職が可能ですので、年を重ねて転職が難しくなる前に自分の適性にピッタリの職業があれば転職する方法もあります。

 

フラワーショップに憧れて入社したが、予想と現実が全然違っていた場合も同様です。

 

なお、転職する場合でもそれなりの努力は欠かせません。例えば、事務系の仕事に転職した場合には資格取得やパソコン操作の研修を受けるべきですし、公務員を目指すなら一生懸命勉強しなくてはなりません。

 

安易な転職はさらに悪い職場への就職を導くことがありますから十分な注意が必要です。

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら