会社を辞めたい 栄養士

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい 栄養士の場合

栄養士とは、都道府県知事の免許を受けて栄養士の名称を用いて栄養の指導に従事する者を言います。栄養士の就職先は病院、学校、福祉施設、行政、研究・教育機関など様々です。以下ではこの栄養士の仕事をしている方が会社を辞めたい場合について考えます。

 

栄養士の仕事について

 

栄養士

平成26年の賃金センサスによると栄養士の1年間の平均所定内給与は228万円です。調査対象の65職種の1年間の平均所定内給与は299万6千円で、それに比べると栄養士の所定内給与は約70万円ほど低く、専門職としては低い水準といえます。

 

労働時間については、栄養士の1ヶ月の平均所定労働時間は166時間、同じく1ヶ月の平均残業時間が5時間、合計で月平均171時間です。

 

一方、全職種の1ヶ月の所定労働時間と残業時間の合計額の平均値は、174時間となっています。労働時間については、長時間労働が問題となることは少ないようです。

 

栄養士になるためには大変な努力が必要

 

栄養士の免許を取得して栄養士になるには、栄養士養成施設での修業期間(最低1年以上)と実務経験期間(最低1年以上)が合計5年以上なくてはなりません。さらに、国家試験にも合格しなくてはなりません。よって、栄養士になるには多額の資金と多くの労力を必要としています。

 

職場での些細なトラブルが原因で会社を辞めようと思っても、せっかく頑張って栄養士になったのにそれを生かせなくなるので大変な損失です。大半のトラブルはじっと我慢して勤務していれば解決できるものなので、焦って退職などをしては後から大いに後悔します。

 

転職する場合は同じ業界が望ましい

 

どうしても職場に我慢できずに退職する場合でも、再就職は栄養士の仕事を選択した方がよいです。せっかく苦労して手にいれた資格ですから、それを十分に生かさないと損です。新しい職場でよい上司に恵まれると、前の職場とは別人のように能力を発揮できる場合があります。

 

メンタルヘルス対策を心掛けるべき

 

栄養士

比較的安定している栄養士の仕事も落とし穴があります。それは、職場のトラブルなどからうつ病などの精神疾患を患う場合です。

 

そうなると、栄養士の職場だけでなく、栄養士の仕事からも離れざるを得ない可能性が高まります。

 

栄養士の仕事の場合、長時間労働が原因の精神疾患ということはあまり考えられませんが、人間関係のこじれから精神疾患を発症する可能性はあります。そうならないように普段からストレスの解消を心掛ける等十分なメンタル対策が必要になります。

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら