会社を辞めたい 営業マン

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたいのが営業マンの場合

営業マン

会社を辞めたいのが営業マンの場合は、実力主義の世界であることを十分理解したうえで退職を決意する必要があります。

 

実力主義的な傾向が強い世界では、実力があれば転職がしやすい傾向があります。才能がある方であれば、公務員や一部の大企業などの年功序列型の業界よりは転職がしやすいといえます。

 

年功序列的な世界では、実力よりも肩書だとか、先代からの付き合いだとか、そういったものが優先される傾向があります。
その中では、優れた才能は持っているが人間関係を構築することが下手な人は孤立しがちで、うまく実力を発揮できない場合もあります。

 

実力主義的な世界では、そのようなしがらみは少ないですから、自分のスキルに磨きをかけて実力を蓄えておけば、会社を辞めて再就職をしてからの職業生活も上手くこなしていけます。

 

営業マンの場合には顧客確保のスキルになりますが、どんな状況でもセールスの技術に秀でていればそれなりにやっていけるものです。

 

>>年収800万以上ある実力者の転職なら【クライス】<<

転職を繰り返してどんどん優秀になっていく

 

一般的にはタブーとされる転職を繰り返すことが、逆に奨励される場合もあります。

 

もっとも、営業という業界内で積み上げたスキルが生かせるという条件での話ですが、自分の成長に合わせてよりレベルの高い会社に転職してゆき、最終的には相当高額の報酬とそれなりのステイタスを手に入れることもできます。

 

転職を繰り返して自分のスキルをあげていくということは、年功序列型の業界では不可能であります。主に営業の成績により社員の評価が定まる世界でないとこのようなことはできません。

転職に関して避けて通れない問題

 

年下の上司

転職した場合、自分より大幅に年下の人間が上司になるという問題はどうしても避けては通れません。

 

その上司がため口を聞いたとか、態度が横柄だとか、中高生の部活動のようなつまらない問題で頭を悩まされます。

 

年功序列的世界の場合で、職務経験者として優遇されたポストを与えられていない場合にはこの問題は致命傷になりかねません。

 

しかし、営業マンのように実力で勝負できる世界では、そのような上司を営業成績で見返すことができます。また、実力主義の世界では役職の入れ替わりも激しいですから、そういう意味でも転職組には有利かもしれません。

ネガティブな理由の場合は慌てないこと

 

実力主義ということは、裏からいえば成績を上がられない場合にはひどい待遇を受ける場合があります。「会社を辞めたい」理由が、営業マンとしてのスキルアップの為ならいいのですが、営業が向かないと思うために「会社を辞めたい」と考える場合には転職は厳しいかもしれません。

 

その場合には、慌てて会社を辞めずにゆっくりと考えてみることです。少し休めばいつのまにかそんな気持ちも消えてしまうかもしれません。
いずれ転職するにしても、もう少し実力を蓄えた後にということになります。

 

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら