スポンサードリンク

会社を辞めたい DTPオペレーターの場合

DTPとは、ディスクトップ・パブリッシングの略で、DTPオペレーターとは印刷会社などで出版物の原稿作成、レイアウト、デザインなどをコンピューター上で行う作業をする方のことをいいます。以下では、のDTPオペレーターの仕事をしていて、会社を辞めたい場合について考えてみます。

 

DTPオペレーターの仕事について

 

DTPオペレーター

平成26年度の賃金センサスによると、DTPオペレーターが所属する職種のコンピューター・オペレーターの1年間の平均所定内給与は247万5千円です。

 

全職業の1年間の平均所定内給与は299.6万円ですから、賃金の水準は全職業の平均から50万円程度低い水準です。

 

労働時間については同じく平成26年度賃金センサスからのデータですが、コンピューター・オペレーターの1ヶ月当たりの平均所定内労働時間は159時間、同じく残業時間は10時間です。

 

一方、75種の全職業の1ヶ月当たりの平均所定内労働時間は約163.4時間、同じく残業時間は11.49時間です。従って、コンピューター・オペレーターの1ヶ月の所定内労働時間は平均水準を少し下回る程度、残業時間も平均的な水準を少し下回る程度ということができます。

 

同じ職種内での転職が考えられる場合

 

統計的な数字とは別に、DTPオペレーターの労働時間は会社によって様々です。残業がほとんどない会社もあれば、残業の非常に多い会社もあります。長時間労働が問題となる業種とは異なり、残業の多い会社でも繁忙期と閑散期があり、平均すると恒常的な長時間労働というわけではないようです。

 

残業が多くて会社を辞めたいと思う場合には、同じDTPの職種の中で残業の少ない会社への転職を考えてみる方法もあります。また、上司や同僚におかしい人がいる、又は社長をはじめ会社全体がおかしいなどの理由で悩む場合にも同じ職種内での転職が考えられます。

 

異なる職種への転職が考えられる場合

 

DTPオペレーター

DTPの仕事が向かないという理由で会社を辞めたい場合には他業種への転職が考えられます。

 

資格や技術の無い30歳以降の転職は難しいですから、退職する前に資格を取得するとか他業種で役立つ技能を身に付けるなどしておかないと失敗する可能性があります。

 

また、DTPオペレーターをしながら技術を磨いてデザイナーに昇格するとDTPの仕事を長期的に継続できますが、DTPオペレーターのままだと年齢が高くなってくると給与が低い、将来性がないなどの理由で勤務を継続することが困難になると言われています。

 

長期的な勤務を望まないならば、40歳近くになり転職が難しくなる前に本当に自分自身が生涯をかけて打ち込める職種があれば、そちらの職種に転職した方がより充実した職業生活を送ることができると言えましょう。

DTPオペレーターの求人・転職おすすめサイト

サイト名

おすすめポイント

 

CREATIVE VILLAGEはクリーク・アンド・リバー社が運営しています。
映像・Web・アミューズメント・ゲーム・広告・出版などのクリエイターのための情報求人サイトです。DTPオペレーターから、幅広い活動を目指しての転職におすすめです。
さらに、スキルアップできる情報も満載で、あなたの力になってくれるはずですよ!

 

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら


弁護士サポートの退職代行サービスはこちら