会社を辞めたい 大企業の場合

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい 大企業の場合

 

大企業を辞めたい

会社を辞めたいを考えている方が大企業に勤めている場合は、すぐに退職という結論を出す前によく考える必要があります。

 

大企業の特色として公務員ほど完全ではありませんが、中小企業に比べれば終身雇用制が維持されており、それに対応して年功序列的な賃金体系です。

 

また、そのような形態の会社では個人の才能よりも会社での人間関係が重視されます。

 

大企業で会社を辞めたい場合

 

大企業を辞めるか迷っている人

結論から申しますと、極力大企業に就職したら会社を辞めることは避けた方がいいです。

 

大企業の特色は、転職を考える場合どうしても労働者側に不利に働きます。まず、会社で身につける能力が、その会社のみで通用する労力に偏る傾向があります。

 

会社では協調性が重視されます。従いまして、個人の優れた才能よりもチームプレイを要求します。そのような環境では、なかなか会社の外で通用する技能を身につけることは難しくなります。

 

会社で身につける人間関係は、もちろんマナーだとかどの会社でも通用するものもありますが、普通はその会社の内部のみでしか利用できません。
従って、転職の際に一番必要な職業能力が育ちにくいのです。

 

また、年功賃金の場合、勤続年数に比例して給与が決定されています。年功給も、会社のみで通用する典型的なものです。確かに、高年齢で転職した場合は高給で迎えられることもあります。

 

それは、前の会社での勤続年数に対して高給が付けられるのではなく、推定されるキャリアに対して高給が付けられるのです。

 

勤続年数は、主にその会社でのみ通用するものです。他の会社では、その勤続年数にふさわしい職業能力が身に付いていなければ全く意味を持ちません。このことも、会社を辞めることに不利に働きます。

 

さらに、大企業は労働条件が恵まれています。このことは非常によいことであるのには間違いがありません。しかし、厳しい中小の企業からすれば、「甘い」ところもあります。

 

大企業のそのような環境に慣れていると会社を辞めた場合、転職先の中小企業の厳しい労働環境に適用できない場合もあります。すると、その会社も辞めざるを得なくなるかもしれません。そうすると、状況はますます悪くなります。

 

>>年収800万以上ある実力者の転職なら【クライス】<<

 

 

大企業から転職してもいい場合

 

ブラック企業に勤務する人

大企業といっても色々あり、ブラック企業に該当する場合もあります。その場合は、自分が破壊される前に会社を離れた方がいいです。

 

また、上で述べたような大企業のシステムに適用せず、中小の会社に転職したり、自分で会社を起こしたりして成功する人も沢山います。

 

転職も起業の場合も、大企業の場合には困難を伴うため安易に勧められませんが、大企業に勤めていることがどうしても我慢ならないという人もいるでしょう。

 

その場合は、綿密な調査と周到な準備、的確な計画がある場合には思い切って辞めてみて、より自分の才能を開花させるために転職や起業をしてもいい場合もあります。

 

独立・起業・開業を目指すなら、まずは情報収集から

BMフランチャイズ

独立・開業フランチャイズ比較サイト。予算・業種・エリアなど、自分に合った探し方ができます。

フランチャイズの窓口

独立・開業フランチャイズ比較サイト。幅広いジャンルを取り揃えている。

フランチャイズWEBリポート

フランチャイズ総合比較サイト。未経験でも安心してスタートできるサポート体制と、豊富な物件数がウリ。

フランチャイズサポート

独立・開業で失敗しないサポート体制も充実していて初心者におすすめ。

すららネット(塾開業)

これから塾を開きたい方、自分のスキルを組織に属さず開花させたい方はこちらが向いています。

 

 

独立・開業には「税務処理が不可欠」となります

税理士紹介エージェント

希望条件に見合った税理士を紹介していることが、紹介後の契約継続率99%という数字が証明している実績抜群のサイトです。

税理士紹介ネットワーク

タックスコンシェルジュという特別な対応スタッフが相談にのってくれる。

会社を辞めたい,大企業,転職 税理士ドット・コム

メールひとつで相談できるお手軽さ。税理士コーディネーターがあなたに合う税理士さんを見つけてくれます。

 

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら