会社を辞めたい 調理師

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい 調理師の場合

調理師の仕事に限りませんが、技術系の仕事には共通の特徴があります。それは、

  • 所定労働時間や法定休日が守られない
  • 店長や先輩には絶対服従
  • 新人のうちは賃金が安い

この傾向は事業所の規模が小さくなればなるほど強くなります。この世界で長期間働くには相当の覚悟が必要です。以下では調理師の仕事をしている方が会社を辞めたいと考える場合について解説します。

 

調理師の賃金と労働時間

 

調理師

平成26年度の賃金センサスによると、調理師の1年間の所定内給与の平均額は229万6千円です。調査対象の65職種の平均は299万6千円ですから平均値より70万円低いことになります。

 

これが調理師見習いになりますと1年間の所定内給与の平均値は173万5千円になりますから、全職種の平均より120万円以上低くなります。この金額は調査対象65職種の中で下から2番目に低い金額です。

 

調理師の1ヶ月当たりの所定労働時間は173時間で残業時間が14時間です。一方、全業種平均の1ヶ月当たりの所定労働時間は約163時間、残業時間は約11時間です。調理師の労働時間は全職種の平均とほぼ同じ水準ということができます。

 

調理師の世界の独特の労働慣行

 

調理師の世界は先輩が後輩に技術を教えているんだから後輩が先輩に服従するのは当たり前、またタダで仕事を教えているのだからサービス残業はあたりまえという雰囲気が支配しがちです。

 

特に小さなお店などでは所定労働時間は一応設定されているのですが、ほとんど守られることも無くその結果残業代が支払われないためサービス残業が恒常化している場合もあります。

 

また、上司や先輩にたちの悪いものがいてもじっと我慢をしなくてはなりません。たとえこちら側が正しくても上司や先輩に逆らっては職場に居られなくなります。

 

調理師の方が会社を辞めたい場合について

 

調理師

このような独特の世界になじめない場合には会社を辞めたくなるものです。将来一流のシェフになるという夢があれば我慢もできるのですが、そうでなければこういったよくない慣行に我慢することは容易ではありません。

 

調理師の仕事は好きだが、職場の人間関係がよくない、または残業が多すぎて耐えられないという理由で会社を辞めたい場合には、調理師の業界内で転職をすることになります。

 

その場合には調理師の世界は狭いですから、再就職に差支えの内容に退職はスムーズに行わなくてはなりません。

 

調理師の仕事自体が面白くなくて会社を辞めたい場合は他業種への転職を考えることになりますが、30歳以上で未経験の職種への転職はハードルが高いので年齢の若い方向けの選択肢といえます。

 

なお、転職の際には資格や技能が役立ちます。調理師の仕事が合わず将来的に転職が予想されるような場合には、仕事を続けながら資格や技能の勉強をしておくことが必要となります。

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら