会社を辞めたい チェッカー(レジ打ち)

MENU
スポンサードリンク

会社を辞めたい チェッカー(レジ打ち)の場合

チェッカー(レジ打ち)

チェッカー(スーパーのレジ打ち)の仕事はパート・アルバイト向けの職種といえましょう。働いていらっしゃる方も主婦や学生さんなども多いと思います。

 

以下ではこのチェッカーとして働いていらっしゃる方で会社を辞めたい場合について考えてみます。

 

チェッカーで働く人は主婦の方が多い

スーパーなどでのチェッカーは、働き盛りの男性が仕事をしていることはほとんどありません。

 

忙しい時に店長などが臨時にこの仕事をする場合もありますが、40代50歳の男性が専属でチェッカーをしているのを見ることはまずありません。

 

たいていは主婦などの女性の方が業務を行なっています。働いていらっしゃる方は生計の主たる担い手ではなく、家計補助的・小遣い稼ぎ的な目的で働いているというケースが多いということになります。

チェッカーの仕事は退職に関して柔軟

雇用主の方も店長などの長期的な正社員とは異なり、長期的な雇用を前提として雇っているわけではありませんのでチェッカーの方が辞めたいという場合には会社に留まるように強く留意する必要は少ないと考えられます。欠員の補充もそんなに困難ではありません。

 

従って、家計補助的な目的で働く主婦の方などが仕事が合わないのでチェッカーを辞めたいという場合には、あまりこだわることなく退職して次の仕事を探した方が良いと思います。我慢して仕事を続ける意味はそうないと考えられます。

チェッカーの仕事を辞めるきっかけ

チェッカー(レジ打ち)

中にはチェッカーの仕事が楽しくて何十年もチェッカーの仕事を続けていらっしゃる方もおります。

 

そのような方はパートだけれども正社員以上に仕事を覚えていて、お店にとっては欠かせない戦力となっている場合もあります。

 

働いている本人もなじみのお客さんなどが多数できたりして充実して働いている場合もあります。ですから、チェッカーで働くすべての人に対して短期雇用が前提だという考え方はなりたちません。

 

しかし、チェッカーとして働いている方が仕事を辞めたいと考える場合、チェッカーの仕事が合わないか職場に適応しないかですから、チェッカーの仕事が合わないのならば他の職種に転職した方よいでしょう。

 

一方、チェッカーの仕事は好きだが今働いている会社はいやだという場合には、チェッカーを募集している他の会社に転職した方がよいです。会社にこだわる必要性は高くないと考えられます。

主婦の転職活動は条件に恵まれている

主婦の方の場合配偶者が働いておりますから、退職をしても即座に生活が行き詰まることも少ないと思います。仮にすぐに転職できなくても焦る必要はありません。いい求人が出るまで時間をかけて待つことができます。

 

また、配偶者が厚生年金や健康保険に加入していれば、その扶養に入れば求職中の年金保険料や医療保険料は無料です。ただし、最低1年以上は働いて90日の雇用保険からの失業給付の給付日数を確保してから退職するようにしたいものです。

会社を辞める前に〜完全無料の転職支援サービスに登録すべし〜

現実には、良い転職先はそう簡単に短期間では見つからないので、働きながら準備をして、じっくり自分にあった仕事を探すのが理想です。

感情的に会社を辞めてしまい、切羽詰まった感じで転職活動をする人が多いのが現状です。次の転職先でも、今の会社と同じようにならないためにも冷静な準備が必要になります。

以下のサイトは【職務経歴書・履歴書】が登録時に不要なので気軽に非公開求人(約10万件)が見ることができます。

業界トップクラスの求人数と、無料サービスが樹実しているので、まずは会社を辞める前に情報収集することをおすすめします。

転職成功実績NO1【リクルートエージェント】はこちら